DAILY MORE

DAILY MORE

水野 綾香

約200名のFPが活躍するブロードマインド所属。メイクアップアーティスト、ボディメイクのプロなど、美容の専門家とコラボレーションを含めて年間約60回、過去、4,000名以上の女性を対象にセミナーを開催してきました。日本にたくさんの「マネー美人」を作りたい!という思いで知っているとトクをするお金の情報をわかりやすくお伝えしています。現在アメリカンショートヘアーのうにちゃんとふたり暮らし。週に1回はホットヨガに通って体力作りも♪

現在、くらしとお金の相談メディア「Sodan(ソダン)」でも、女性目線に立って、モア世代に役立つ多数のマネー情報を発信中。
Sodanはこちら>>

給与明細の正しい見方、知ってますか?

写真: CORA / PIXTA

おはようございます! 水野です。朝晩スッカリ寒くなってきましたね。この時期は毎年、着る服に悩みます。。。風邪をひかないよう、体調管理にはくれぐれもお気を付けください!

さて今回のテーマは「給与明細」について! ちょうど月末にいただいた人も多いでしょうし、発売されたばかりのモア12月号では、「気になる職業別 around27歳の給与明細」という6Pの特集も組まれていましたね。弁護士から公務員、ダンサーまで、14職業の“リアルな給与明細”をのぞき見できる特集で、私もついつい読み込んじゃいました(笑)

ただ、給与明細をみたとき、「手取り額」だけを気にしている方も多いのではないでしょうか? でも、ひょっとしたら明細に間違いがあるかもしれないし、毎年変化する金額もあるんので、大切なポイントを知って、正しい給与明細の見方を知っておきましょうね!

給与明細の押さえておくべき項目は?

待ちに待ったお給料日! 早速銀行へ直行!…ではなく、ちゃんと給与明細もチェックしてみましょう。まず、「総支給額」と記載されているのが会社から支給される、いわゆる額面=「お給料」と言われるものです。そこから、社会保険料や税金などが引かれた「差引支給額」が、つまり「手取りの収入」=「所得」になります。

給与明細には色々な数字が書いてありますが、大きく分けて3つのカテゴリーに分類されます。

■勤怠■
ここでは、1ヶ月のうち何日出勤して、残業時間はどれくらいなのか、欠勤や遅刻・早退の状況が記載されています。他には有給の残り日数なども記載されていることもあります。病気やけがで長期間休暇を取ってしまうような「もしもの場合」にはどれくらい休むことができるのかは確認しておきましょう!

■支給■
基本給に加え、役職手当、住宅や通勤などの各種手当など、支給されるお金が項目別に記載されています。項目の内容は会社や職種によって様々です。
  

■控除■
総支給額から控除(引かれる)される項目です。健康保険や厚生年金などの社会保険料、また所得税や住民税、会社によっては持株会や団体保険料が控除対象となります。

それ以外に、財形貯蓄や確定拠出年金など、給与天引きで積み立てをしている場合にもここに記載されます。「基本給などが増えても手取りがあまり増えない!」と感じるのは社会保険料などが年々上がっているからですね。この控除欄もしっかりとチェックしてみましょう!

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

FP水野綾香の「HAPPY! マネー美人塾」の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS