DAILY MORE

DAILY MORE

水野 綾香

約200名のFPが活躍するブロードマインド所属。メイクアップアーティスト、ボディメイクのプロなど、美容の専門家とコラボレーションを含めて年間約60回、過去、4,000名以上の女性を対象にセミナーを開催してきました。日本にたくさんの「マネー美人」を作りたい!という思いで知っているとトクをするお金の情報をわかりやすくお伝えしています。現在アメリカンショートヘアーのうにちゃんとふたり暮らし。週に1回はホットヨガに通って体力作りも♪

現在、くらしとお金の相談メディア「Sodan(ソダン)」でも、女性目線に立って、モア世代に役立つ多数のマネー情報を発信中。
Sodanはこちら>>

2017年こそ貯めたい! 手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯蓄額とは?

みなさんこんにちは! 水野です。年末はいかがお過ごしでしょうか? 私は先日風邪をひいて病院へ行ったのですが、健康保険証を紛失しており全額自己負担に……。日本の社会保障制度のありがたさを感じる出来事でした……(涙)。健康も、保険証も大事ですね。

さて、今回のテーマは「貯蓄」です!
もうすぐ2017年。1年の計は元旦にあり! ぜひお金を貯める計画を立ててみてください♪ 若いうちから貯蓄をする習慣ができると、後々の資産形成にもきっと役に立つと思います。

撮影: ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

手取り20万! 貯蓄額の目安は約50万円!?

貯蓄額の目安は未婚・既婚、未婚なら実家暮らしかひとり暮らしか、既婚であれば子供がいるかいないかにより大きく異なりますが、一般的に貯蓄の目安としてお伝えしているのが、手取りの20%です。つまり、手取りが20万円のモア子さんの場合、「4万円」が毎月貯蓄に回しておきたい金額ということになります。そう考えると、年間で48万円、約50万円が目安になりますね。

「それはキビシイ~!」という声も聞こえてきそうです(笑)

以前も書きましたが、現在お金が貯まらない方は、まずは固定費である家賃や通信費、保険料などの見直しをしていきましょう。例えば住居費が1.5万円下がるだけで年間18万円、2年で36万円浮かせることができます。そして、食費や交際費の見直しをしたり、最近ではフリマアプリも気軽に活用できるようになっているので、身の回りの要らないものを整理して副収入を得る! という手もアリです。

あとは、毎月のお給料では2万円を貯めつつ、ボーナスを活用する方法もあります。高額なごほうびを買ったり、何かの支払いのアテにするのではなく、10万程度はきちんと貯蓄に回すことができれば、年間48万円に到達できるのではないでしょうか。

あくまでも目安ですので、これまで全く貯金ができていない方は、まずは10%、つまり月2万円からスタートしても良いでしょう。それに慣れてきたら、1万円ずつ増やしていくなど、「ちょっと無理をしながら」継続することが大事だと思います。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

FP水野綾香の「HAPPY! マネー美人塾」の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS