DAILY MORE

DAILY MORE

水野 綾香

約200名のFPが活躍するブロードマインド所属。メイクアップアーティスト、ボディメイクのプロなど、美容の専門家とコラボレーションを含めて年間約60回、過去、4,000名以上の女性を対象にセミナーを開催してきました。日本にたくさんの「マネー美人」を作りたい!という思いで知っているとトクをするお金の情報をわかりやすくお伝えしています。現在アメリカンショートヘアーのうにちゃんとふたり暮らし。週に1回はホットヨガに通って体力作りも♪

現在、くらしとお金の相談メディア「Sodan(ソダン)」でも、女性目線に立って、モア世代に役立つ多数のマネー情報を発信中。
Sodanはこちら>>

G.W.の海外旅行。円安・円高、どっちがオトクかわかってる!?

G.W.に海外旅行を予定。円安・円高ってどっちがトクなんだっけ?

おはようございます! FPの水野綾香です。


私の初めての海外旅行は、19歳のニューヨーク1人旅でした。
ちょうど9.11のテロから1年の時期で、追悼式をしており(年齢がバレちゃいますね……)、アメリカはとてもピリピリした空気でしたが、私は「ハタチになる前に世界を見なければ!」という謎の使命感にあふれていました。パッケージツアーではなく、航空券やホテルも自分で手配して、ミュージカルを見たり教会に足を運んだりと行動的な女子だったのでした。


最近は仕事も忙しく、あまり海外に出かけることはなくなりましたが、久々に海がキレイなビーチリゾートで癒されたいですね。でも、もうパッケージツアーでOKです。。。


さて、今日のテーマは円安と円高! 「何回聞いても忘れちゃう~」というのは私の妹ですがデイリーモア読者には、G.W.に海外旅行を計画している方も少なくないはず。では、海外旅行に行くならどっちがおトクだと思いますか?

円高と円安って?

まずは「為替レート」についてお伝えします。ニュースで「1ドル=○○円」と言う言葉を聞いた事はもちろんあると思いますが、これは、おもにアメリカで利用される「ドル」と日本で利用される「円」という、“異なる通貨の価値を同一にするための交換比率”のこと。これを“為替レート”と言います。ドル以外にも、ユーロやポンドなどの通貨でも同じです。


では、「円高」「円安」とは何でしょうか?
たとえば、今日の為替レートが“1ドル=100円”だったとすると、100ドルを手にするのには1ドル×100円で1万円が必要になりますね。


これが、1年後に“1ドル=90円”になったとすると同じ100ドルを手にするには、9千円が必要になります。つまり、1年前と比較すると、より少ない日本円でドルを手に入れる事ができました。これを“円高”と言います。


逆に、1年後に“1ドル=110円”になったとすると、100ドルを手にするのに、1万1千円が必要です。1年前と比較すると、1千円多く日本円が必要です。これを“円安”と言います。


結論としては、海外旅行へ行く場合には「円高」の状態の方が、より安くショッピングをしたり、現地での食事をしたりすることができます。
なので、私たちがアメリカやヨーロッパなど、海外旅行をする時は「円高」がオトク! 逆に、訪日外国人にとっては、「円安」の状態の方が有難いと言えるでしょう。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

FP水野綾香の「HAPPY! マネー美人塾」の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック