DAILY MORE

DAILY MORE

モチコ

フランス人は10着しか服を持たないようですが、モチコは10着しか服が入りません。 5年前、MORE本誌での1年にわたるダイエット連載で12kgの減量に成功し、全米を泣かせた編集・モチコです。 連載終了後、わずか半年で華麗な10kgリバウンドを遂げ、さらにダイエット前の体重をトゥーッと通過し、ただいま絶賛肥満中。 周囲に心配されるほど膨張した三十路ど真ん中のモチコが、“なりふりかまわぬダイエット”に挑みます!

毎日通いたい! おいしくコミットしてくれるカフェ【後編】


三度の飯よりも卵かけごはんが好きなモチコです。結局、メシか!

でも、それは和食編のNo.1。洋食編の雄は、今も昔も変わらずカルボナーラなのです(オムライスと同位タイ)。
だって、卵はもちろん、ベーコン、生クリーム、チーズなんて……ああ、いっそ知らないまま生きられたらよかったのに、この味!!

そもそも数年前、急激なV字カーブで体重が元に戻ったのも、ダイエット中は頑なに断っていた日本酒とカルボナーラを解禁したから。

近くに住んでいたときは週1回、引っ越した今でも月1回は通う、日本一おいしいカルボナーラを食べさせてくれるお店があるのですが、ここが深夜2時まで営業というデブ製造店!

「21時以降は食べない」がダイエット界の常識なのに、25時のカルボナーラなんて……ああ、いっそ知らないまま生きられたらよかったのに、あの店!!!

そんなカルボLOVERなモチコの前に出された、ライザップ完全監修の低糖質カフェ『ロカボカフェ』(本日OPEN!)の「本日の低糖質パスタ」(¥1000)。

こ……これは……、カルボをナーラしたものではないかああああ!
いや、擬態か? 何のだ。

あのね、ライザップ様ね、カルボナーラっていうのは、アナタ、パスタ界でも一、二を争うほどの高カロリーメニューでね、さすがのモチコだって、月に1回と決めているほどなんですよ。なんちゃってカルボなんて、カルボの冒涜なんですから……

などと心のなかでぶつぶつ言いながら、フォークに大量に巻き取ったカルボナーラ的なもの(まだ疑ってる)を口に入れたとたん、

「うっ……、こ、これは……まさしくカルボナーラ以外の何ものでもない! しかも、正統派のおいしさ……!!」

じゃあ、このビジュアルも味も完璧なカルボナーラが糖質量30.4g、479kcalという、すべてにおいて普通のカルボナーラの約半分の数値を実現しているのはナゼなのか!?

その秘密は、このカフェのために開発されたという生パスタにあり! 通常の糖質量70%オフのパスタは、さまざまな試行錯誤を経て生まれた自慢の逸品だとか。

もっちもちで食べごたえのあるパスタにからむ濃厚なクリームソース……またもや「赤ワインくださーい!」と叫ぶモチコ。今度は、スタッフの方も無言で目を伏せてくださいました。

もちろん、完食。
……あれ? さっき、RIZAPプレート食べなかったっけ??

せっかくの低糖質なのに、2品も食べきったら意味ないじゃんかー! と自分を責める(フリをする)モチコに、スタッフの方が「2品合わせても糖質量は50gに満たないんですよ」と。

たしかに! RIZAPプレートは13.5g、パスタは30.4gで、計43.9g。昼にプレート、夜にパスタを食べれば、結果にコミットできる! でも、モチコは1回で食べちゃったけどね。

『ロカボカフェ』のカルボナーラは、“日本一太らない”おいしいカルボナーラであることは間違いありません☆

→『ロカボカフェ』の公式HPはこちら!


<本日の体重……66.3kg>
前日比-200g。ああ、でも明日、5月分の日本一のカルボナーラ食べる予定なんだよな……。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

編集モチコの脱ぽちゃ日記の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS