DAILY MORE

DAILY MORE

モチコ

フランス人は10着しか服を持たないようですが、モチコは10着しか服が入りません。 5年前、MORE本誌での1年にわたるダイエット連載で12kgの減量に成功し、全米を泣かせた編集・モチコです。 連載終了後、わずか半年で華麗な10kgリバウンドを遂げ、さらにダイエット前の体重をトゥーッと通過し、ただいま絶賛肥満中。 周囲に心配されるほど膨張した三十路ど真ん中のモチコが、“なりふりかまわぬダイエット”に挑みます!

大穴! オキタラカテキンスキー


ダイエット以前のタイシツカイゼンに目覚めたモチコ。
これまでは、朝起きたら水かコーヒーを飲んでいたのですが、新茶をたくさんいただいたことを機に、グリーンスムージーならぬ、朝グリーンティー生活を始めました!

緑茶といえば、カテキン。カテキンといえば、殺菌してくれる、酸化を防止してくれる、そしてなんといっても脂肪を燃やしてくれるという素晴らしい効能があるというのは有名な話。

実家にいたころは毎朝自動的に出てきた緑茶ですが、自分ではなかなか習慣づけられず。急須を出して、茶筒を出して、お湯を沸かして、ちょっと冷まして、茶葉が開くのをゆっくり待って、最後の一滴まで注いで……というプロセスを面倒がって、今までは和菓子を食べるときぐらいしか淹れていませんでした。

ふと、いただいた緑茶(静岡牧之原茶「望」)のパッケージ裏を見たところ、「冷たくして」の文字が。その淹れ方を読むと……なーんだ! 水を注ぐだけでもOKなんじゃん!!

いや、30ウン年生きてきて、もちろん水出し緑茶をいただいたことは数多くありましたよ。毎度、「風流だわー」、「さわやかなお味だわー」、「人に淹れてもらうお茶は格別だわー」と感動していたはず。

でも、勝手に“緑茶=時間と心に余裕がないと楽しめないもの”と思い込んでいたようです。

2日前の朝、ためしに静岡つながりで富士山の銘水「一富士」をそそいで2~3分待ち、みずみずしいグリーンの色が出た緑茶をひとくち飲んだところ……一瞬にして全身を清流がかけめぐり、目の前に新緑の草原が広がるようなすがすがしさ!!

どうしてこんなに気持ちのいい朝習慣、もっと早くから始めなかったんだろう。そうすれば、リバウンドなんて言葉とは無縁だったかもしれないのに。(さすがにそれはナイ)

“起きたらカテキン”を始めて3日目。体重も微減していますが、何がいちばん変わったって、腸のスッキリ感と肌のベタつかなさ! なんとなく、カラダの内外がサラサラしている気すらします。今は、あの“すがすがしさ”を味わいたいがために、朝起きるのが楽しみなほど。

「ヤセるスイッチ」を押せるようになるための配線作業、モチコの体内で着々と進行中!

<本日の体重……66.2kg>
前回比-400g。ね、ビゲン。でも、65kg台になったら見える景色も変わるはず!

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

編集モチコの脱ぽちゃ日記の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック