DAILY MORE

DAILY MORE

野尻 美穂

1984年生まれ。東京都出身。SHIPSプレスを経て、現在はフリーランスのファッションディレクターとして活動中。好きなものはベーシックでメンズライクな服、だいたい毎日カジュアルなコーディネート。でも“カジュアルなだけ”、“フツーすぎる”スタイリングはつまらない!そんな私がいま着たい服、気になっているおしゃれのことをお話させていただきます。

気になるバーガンディ。野尻はこう着る!

今日は秋の私のお気に入り、バーガンディカラーを使ったコーディネートをトップス、ボトムス、シューズ、の3つに分けてご紹介します‼︎

レディなキャミソールをメンズライクに着る!

ベロア素材でバーガンディ、とても今年らしい一着。合わせる素材によって雰囲気がガラッと変わるキャミソールなのでここにはサーマルのロンTを。デニムも少しフレアなWranglerで私は決めすぎず、ラフに着たい。足元はマスタードカラーのパンプスにすることで大人っぽさはキープします!

パンツで取り入れる日は、上半身を盛るのがコツ!

カラーボトムを取り入れる日は、ボトムだけが悪目立ちしないよう上半身にもコーデのポイントをつくることが大切。大好き6(ROKU)のパンツを使ったコーデはスポーティに。NEHERAのニットをインして視点のポイントを高く。これだけだと物足りないのでキャップを合わせ、小物とシューズは黒のスエードで引き締めています。ブログでもよくお話していますが、大人っぽいけどカジュアルを絶対忘れないのが私のルール。

靴で取り入れるなら、同系色のプリントと合わせるのも素敵!

足元にバーガンディカラーを取り入れた野尻流ミリタリースタイル。ペイズリー柄のワンピにも少しバーガンディカラーが入っているので、中身はシンプルなモックネックニットにミリタリーパンツを使った甘×辛ミックスに。今までだとスニーカーだったけどパンプスにする事でより秋らしさをアップデート。

とは言え今の時期でも着たい!ので着てるスナップを。やはりダークカラーではあるのでボトムスを軽めのカラーでバランスアップ。足元はadidasのハラコアディレッタ。軽めのカラーでも足元がブラックなら少し秋らしくなるかも!

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

GOODTHINGS GOODCASUAL 野尻美穂のおしゃれの話の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック