DAILY MORE

DAILY MORE

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。 【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/ 【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

「ありがちな女」にならないために。レナ・ダナムみたいに生きてみたい!

こんにちは、芳麗です。
年末年始は、いかがお過ごしですか?
旅行やイベントなど盛りだくさんな方もいると思いますが、私は家で本を読んだり、DVDを観たりとのんびり過ごす予定です。

同じく、「お正月は本を読みたい!」という方に、オススメ本の紹介です。

「ありがちな女じゃない」 レナ・ダナム(著) 山崎まどか(訳)


著者のレナ・ダナムは、まだ20代前半だった頃から、大ヒットドラマ「Girls」の監督・主演・プロデューサをこなして、世界中で話題になった。今、最高に面白くておしゃれでエッジィなアラサー女子の一人です。
そんな彼女が、自分と自分の生き様について赤裸々にさらしたエッセイを発表!
そもそも才能にあふれているし、お嬢様育ちだけど、コンプレックスが強くて、ぶっ飛んでいる。
ぽっちゃりした自分の体型に強いコンプレックスを抱き、ダイエットを繰り返したり。
どうにも惨めな失恋体験を正直にさらしたかと思いきや、今度は自分がレズビアンになりかけた話まで披露する。

そのさらけ出し方がかっこいいというか、潔いというか。
爆笑しつつも、元気になれる一冊です。

タイトルは「ありふれた女じゃない」だけど、こんなに才能があって愛されているレナでも「みんなと似たようなことで悩むんだ!」と、励まされます。

そして、どんな「ありふれた女」だって、ユーモアと勇気を携えて、外の世界に飛び出せば、オリジナルで面白い思考と人生を手に入れられるのだと思いました。

レナ、万歳!

ちなみに、翻訳を手掛けているのは、ガーリーカルチャーについては、深い造詣と抜群のセンスを持つ、山崎まどかさんというのも豪華だし、私的にツボ。

新年早々、アゲアゲに変身したい女子にオススメの一冊です。


FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリの新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック