DAILY MORE

DAILY MORE

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。 【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/ 【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

映画「美しい星」の美しさと笑いのエネルギーに覚醒!役者・亀梨和也の人間味と宇宙人的な色気とは?

現在、公開中の「美しい星」がとても面白く、感じるものがあったので、1人でも多くの人と分かち合いたくて。
端的にではありますが、私的な感想を記しておきますね。

本作の原作は、文豪・三島由紀夫。監督は、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八さんです。観る前から期待値は高まっていましたが、予測も期待も超えました。

原作は一応、読んでいたのですが、正直、精読できたとまでは言えません。
三島由紀夫の読者だった自分にとっても難解で、なかなか読み進められず。
それでも型破りでパワフルで、格好良い小説だなと感じました。

映画を観た時、初めて本作(小説)がしっかりと胸の奥まで刺さり、全身を通過していくような爽快感がありました。
原作の精神が生きている。文学の色気や答えのない面白みを生かしながら、2017年版のエンタテインメント作品として輝いている。

ストーリーの概要はこうです。

 現代の日本に生きている、ある平凡な4人家族。そのうちの3人がある日、ほぼ同時期に「宇宙人」に覚醒します。しかも、それぞれが別な星の星人になってしまう。
 冴えないお天気キャスターの父・重一郎(リリー・フランキー)は、火星人に。
 フリーターの息子・一雄(亀梨和也)は、水星人に。
 美しすぎて周囲から浮いている女子大生の娘・暁子(橋本愛)は、金星人に。
 そして、寂しさと虚無感を抱えてネットワークビジネスにはまってしまう母親・伊余子(中嶋朋子)だけは、なぜか、覚醒せずに地球人のままです。
 家族は、異なる星人に生まれ変わったものの、その願いと使命は、共通……
“美しい地球を救いたい”!!!

 さほど説明もなく、急に宇宙人になってしまう家族たち。
 無法に広がって、熱を増していくストーリー。

文字情報だけだと、「なんだこれ?」ですよね。

実際に、 「よくわからないけど、面白い」というのが本作を観た多数派の意見らしいのですが、確かに、「わかる」か「わからない」かで測るのは意味がないし、もったいないなと。
 私にとっては、不可思議だけど、とても感じる、色んなものが伝わってくる作品でした。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリの新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック