DAILY MORE

DAILY MORE

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。 【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/ 【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

映画「忍びの国」とインタビューに見る、大野智の強みとは?

こんにちは、芳麗です。
発売中のMORE8月号の大野智さんのインタビューは読んでいただけましたでしょうか?
もし、まだならば、映画「忍びの国」と合わせて、ぜひ楽しんでいただきたいなと。

私と担当編集Yさんは、取材直前の試写にて「忍びの国」を鑑賞したのですが、終始、夢中で楽しみました。

壮大な戦いと人間ドラマの両方が描かれているエンタテインメント大作です。

人間ドラマの部分は奥行きがあり、多面的だけど、決して説明的ではありません。

たとえば、本作は、軽やかなユーモアに包み込まれているものの、実は残酷で不条理なドラマでもある。
伊賀の忍者族たちは、「人を人とも思わずに斬り殺す」人々だし、相対する織田軍もまた残酷。
でも、無門をはじめ、個々の人物には複雑な葛藤も数多あったはずです。
そんな時代が生んだ軋轢や、登場人物たちの人間関係などについては、セリフやエピソードで細かく説明しているわけじゃない。

 多彩なアクションとドラマの核が心に残るものにするために、あえてすべてを説明していないのだなと感じました。

 その分、奥深いドラマを背負って、観客に伝えていたのが、素晴らしい役者陣の演技だなと感じました。
(役者に花を持たせたのも、中村監督の意図なのでしょうか⁈)

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリの新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック