DAILY MORE

DAILY MORE

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。 【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/ 【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】

さて、ヘルスピア倉敷のファスティング体験の後編です!

ファスティング体験記(前編)はこちら!


↑ 回復食1日目。重湯、お味噌汁、梅干し、しらすおろしもほんの少し!

後半は、ファスティングにとって最も大切な回復食について、そして、その後のキープ方法についてリポートしますね。

意外とスムーズにファスティング期間を終えた私は、いよいよ回復期間です。
かつて、経験した時も、この回復期間が鍵となった記憶があります。

5日目 回復食1日め
10:00 重湯
午後 ラドン浴
17:00 重湯

 本断食期間が終わった後は、同じくらいの回復食期間をとって、量も内容も、少しづつ普通食に戻すのが理想とのこと。
 ゆっくり休ませ、毒素を排泄して、せっかく綺麗になった胃腸に、いきなり消化に負担がかかるものを入れると負担が大きくて疲れてしまう。悪いものを入れると、一気に吸収して逆に太ってしまうこともあるのだそう。

 私は2日間を回復食に当ててもらいました。最初の回復食は、重湯からスタート。おかゆを炊いた時の上澄み汁です。粒感はないものの、粘り気のあるものを食べられるのはとても嬉しく、普段は当たり前にいただいている、お米の味も繊細に感じられます。
 
 回復食期間は、みそ汁や漬物やお麩などの体に優しいおかずもちょっぴりついていて、回を重ねるにつれて、その量や内容が少しづつボリュームを増していきます。

6日目 回復食2日め
10:00 おかゆ
午前 ラドン浴
17:00 おかゆ

 最終日目前の夜は、わりとボリュームがあるお粥定食に。いつもの食事よりも量も少なくて薄味なのに、大切によく噛んで味わって食べているおかげか、お腹いっぱい。心理的にもとても満足感があります。
(家に帰ってからも、これくらいの夕食なら、自然に痩せそう)
 回復食期間は、人参ジュースは飲まず、糖分をとっていないからか、体重はむしろ減っていきました。さらに、久々に食べ物を口にして元気になったおかげか、1日1回のラドン浴のみならず、ホテルに併設されている大浴場にも何度も行って、体を温めたのも良かったようです。ますます、体は燃焼モードに。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリの新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック