DAILY MORE

DAILY MORE

【ウラMORE】おめでとう30歳! モアだけが知っているウラ麻里子のこと。

本日1/28発売のMORE3月号では、あと1ヶ月ちょっとで30歳を迎える篠田麻里子の「20代最後のロングインタビュー」が掲載されています。
この写真の麻里子の顔、今まで見てきた中でいちばん好き。30歳になる期待も不安も決意もすべて受け入れた、本当にいい表情。これを見たとき、ああ、彼女も大人になったんだなぁと、少しうるっときてしまいました。

麻里子自身の20代の軌跡や30歳に向けた想いは、本誌にて、本人の言葉でじっくり語ってくれているので、ここではもう本当に「偏愛全開!」の担当編集Oから見た篠田麻里子について、秘蔵写真と共に語りたいと思います。
しばしおつきあいくださいませ。

2010年の夏。写真集『麻里子』発売直後くらい。麻里子の着回し企画は本当に大人気でした!

これも2010年。本当に過密スケジュールで、よく寝顔の隠し撮りをしていました(笑)

麻里子がモアの専属モデルになったのは2008年。まだAKB48はブレイク前で、編集部にも「なんでアキバをモデルにするんだ、もっと可愛い子はたくさんいるだろう」なんて電話がかかってきたり、今で言う“ゴリ押し”じゃないかと言われたりもしました。そのことを、今回のインタビューで初めて麻里子に話したら「自分でもドッキリかと思ったもん」と。

実は最初の2年くらいはファッションテーマにもほとんど出ていなくて。そこから専属モデルとしては史上初の表紙を飾るほどの圧倒的な人気を獲得したのは、誰のゴリ押しでもなく、後押しすらなく、彼女自身の力。麻里子は「自分は運がいい」と笑うけど、本当にすごいなぁと思います。

今では、アイドルグループに属しながら女性誌の専属モデルをすることがポピュラーになって、普通に受け入れられていて。
その道のパイオニアは麻里子、そう思っています。
本人は「モアでそれをできたことがうれしい。感謝しかない」と言ってくれましたが、それはこっちのセリフだよ(笑)

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

モアスタッフの偏愛全開! ウラMOREの新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS