DAILY MORE

DAILY MORE

【ドラマ初主演! 山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)さんインタビュー】「恋愛っていいな、とぜひ感じてください!」【dTV×FODドラマ『Love or Not』3/20(月)より配信開始!】

三代目 J Soul Brothersの山下健二郎さんがドラマ初主演!! タイトルは『Love or Not』。SNSでの一通のメッセージをきっかけに出会った男女6人の恋愛群像劇だ。フジテレビとエイベックスの共同制作ドラマとしても話題のこの作品、ハラハラしてドキドキして、きっと誰もが恋をしたくなるはず!

明るく楽しく、いい現場にしたい。 主演として、それだけはいつも心がけています。

撮影/古谷 勝


――“初主演”、いかがですか?

最初にお話をいただいたときから、相当気合い入ってますね。もちろん緊張感もありますけど、主演として現場の雰囲気を引っ張って行けるように、あんまり考えすぎずポジティブに、現場の雰囲気を明るくできたらなっていうのはいつも心がけてます。

――演じている幸助は、仕事はダメダメだけど家事は得意で、優しいけどちょっと抜けてる。パフォーマーやダンサーとしての山下さんとは、かなりイメージが違います。

幸助が持っているものと自分が持ってるものは、実はリンクする部分が多かったんです。幸助は明るいやつで、常に笑ってて、みんなを楽しませようとする男。仲間想いだし、後輩のこともすごく頼ってる。でもどこか抜けてる部分があって、ちょっとおっちょこちょいなところも、まさしく自分だなという感じで(笑)。だから役作りとかっていうよりは、自分の本来持っているものを出してまっすぐ演じたら大丈夫なのかなって、最初に台本を読んだときから思っていました。

作中のワンシーン。スーツ姿がかっこいい!

――女性に対して優しいけれど鈍感なところも、似ていますか?

幸助は鈍感だし罪な男なんですよね(笑)。思わせぶりだったりとか押しに弱いところだったりとか、恋愛に関しては似てないです。「なんだよお前、なんでそうなっちゃうんだよ」と思っています(笑)。

――ドラマでは、初恋の相手と同じ名前の人からメールが届くところから物語が始まります。山下さんはご自身の初恋のこと、おぼえていますか?

ちゃんとした、これが恋なのかなっていうのは中一だったと思います。中学に入ってバスケ部に入ったんですが、隣のコートで練習してるバレー部の2個上の先輩がすごい可愛くて。

――その恋は実ったんですか?

いや、もう無理です、そんな(笑)。でも家が近くて帰り道も同じだったので、ドキドキしながら帰ったのはおぼえてますね。声をかけることもできず、好きっていう想いも伝えられず、一年経って先輩が卒業して何もなく終わりました。

――SNSのある今の時代なら、このドラマのように昔好きだった人とまたつながれたりもしますよね。

僕も過去に、連絡したことがあったかもしれないです。向こうに彼氏がいたのですぐあきらめましたけど(笑)。でも、そうやって始まる恋愛もアリだとは思います。それがちゃんとお互いにとっていい出会いだったら、恋愛のスタートは別に何でもいいと思うので。あ、ちなみに結婚しました、その子は(笑)。

本仮屋ユイカさん演じる真子との恋の行方にも注目!

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

エンタメ&カルチャーナビの新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック