DAILY MORE

DAILY MORE

「絶品ゆで卵」のつくる呪文、“粉屋ダース”って知ってます!? 【しあわせ♡たまごレシピ】

見るだけで元気になれるフォトジェニックな食材、それが卵。“最も完全に近い栄養食品”といわれるだけあり、カレのココロもカラダもパワーアップ! 今回は、男子が大好きな「ゆで卵」をおいしく作る方法&アレンジレシピをご紹介します。

“粉屋ダース”と覚えれば、絶品に♡ 本当に美味しい「ゆで卵」の作り方!!

たまごレシピの中で最も簡単なゆで卵も、ゆで時間次第でレシピが無限に広がる♡ 料理や気分に合わせて黄身の仕上がりを変え、ゆで卵マイスターに! とろゆで~固ゆでまでのゆで時間目安は、5分、7分、8分、12分。“粉屋ダース”と覚えれて、いつでもお好みの硬さに作れるようにしておきましょ♪

●材料(2個分)

卵……2 個
塩……ひとつまみ

●作り方

深さのある鍋に卵を入れ、かぶるくらいの水を注ぐ。卵は沸騰してから入れるので一度取り出し、強火で水を沸騰させる。殻をむきやすくするため、卵の底に清潔な安全ピンや画びょうの先端で1 カ所穴をあけて。

沸騰した湯に塩を入れ、お玉に卵をのせてそっと鍋に入れる。再び沸騰したら、好みの硬さになる時間でタイマーをセット。強めの中火にして1分ほど菜ばしで卵をやさしく転がし、湯が泡立つくらいの中火に調整して時間まで加熱する。

ゆで上がったら、冷たい水(できれば氷水)にとる。卵の粗熱が取れたらスプーンの背で殻をたたいてひびを入れ、再び冷水にとってさまし、殻をむく。


MORE2017年4月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  取材・原文/広沢幸乃 本誌編集部 撮影/清水奈緒 スタイリスト/曲田有子 料理製作/コマツザキ・アケミ

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック