DAILY MORE

DAILY MORE

あなたはできてる? “コミュ力美人”篠田麻里子の「大人のための叱る・注意するマナー」講座

上司・先輩・後輩にはさまれて会社での立ち居振る舞いが難しくなりがちな女子のために、モアモデルいちの“コミュ美人”篠田麻里子と2名の専門家が、読者のお悩みをズバッと解決! いやな印象を与えないように“叱る・注意する”方法を教えます。

【教えてくれた専門家はこの2人!】
●三上ナナエさん
みかみ・ななえ。プロマナー講師。『仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン』(すばる舎)など著書多数

●晴香葉子さん
はるか・ようこ。作家・心理学者。著書に『ビジネスマナー&コミュニケーション解決BOOK』(彩雲出版)など

Q.プライドが高い新入社員に、仕事の間違いを指導したいけれど……。

プライドが高い新入社員の指導方法で悩んでいます。電話での敬語がめちゃくちゃなことに気がつき、「電話応対で悩んでいることはない?」と聞いたら「電話は得意なので大丈夫です!」と言われてしまいました。この自信が原動力になっている気もするのですが、注意はしたい……。口うるさい先輩と思われずに指導する方法を教えてください。(26歳・秘書)

A.まずほめる言葉から入って!

「まずほめる言葉から入ること。たとえば『○○さんはこことここがすごくいいよね! 言葉遣いも正したら完璧だと思う!』のように。悪いところを直すのではなく、よいところをよりよくするという気持ちが大事」(麻里子)

「プライドの高い人は、欠点を指摘されるといやな顔をしがち。教えたせいで嫌われる“教え損”は避けたいですね。電話応対テストの実施やマニュアルの再配布など、自力で気づける環境をプロデュースするのもおすすめです。その時は、『大丈夫だと思うけど、念のために』と言えばプライドも傷つけません」(晴香さん)


MORE2017年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/東 美希 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/中村未幸(ロライマ) モデル/篠田麻里子(モア専属) スタイリスト/辻村真理

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック