DAILY MORE

DAILY MORE

背中を押してくれる至極の一言、大公開! 「ナツイチ」で見つけた、ココロに沁みる名言集♡

この夏読みたい文庫が揃うキャンペーン「ナツイチ」から、あなたに贈りたい言葉をセレクト!

【「ナツイチ」でみつけた名言】背中を押してくれるひと言

疲れたり、泣きたくなったり、道が見えなくなったりした時には沈んだ心を底上げして、前を向かせてくれる名言を摂取しよう。きっぱりと優しい言葉が、進む道を明るく照らしてくれるはず。

【背中を押してくれる至極の一言】結婚しない人生で、 いいかもしれない。

自分の人生をまるごと預けられるような人に会いたい気持ちはあるけれど、王子さまを待つのはもうやめた! 「そう思ったら、なんか急に視界がパァーッとひらけて、元気が出てきて、自分だけの人生、思いっきり楽しんでやろうって思えた」あゆこ。“結婚するのが当たり前”という呪縛を自ら解き放ってパリを目指す!

「パリにすら行かずに、死んでもいいと思ってたの?」と35歳で人生を見つめ直すあゆこ、74歳でフランス語を習い始めたハナなど、10人の女性たちがパリを夢見る。12の連作掌編を収める。(『パリ行ったことないの』山内マリコ¥460)

【背中を押してくれる至極の一言】 登るしかねぇだろうが 

いじめに悩む中学生の息子に向けた父の言葉。「恐る恐る人生の山を登ってきて、つらいし怖いし、疲れたから、もと来た道をそろそろ帰ろうかな、なんてことは無理」だし、登る意味が見つけられるか否かではない。とにかく生きろ、登って、頂上からの景色を見てみろ。息子を愛するがゆえの熱い言葉が頼もしい。

小惑星の衝突による地球滅亡まであと3 年。絶望を乗り越え、宮城県仙台の北部に立つ団地「ヒルズタウン」
で生活を続ける住民たちの、再生と幸せとは? 生きていく意味とは? 連作8 編を収録。(『終末のフール』
伊坂幸太郎¥630)


MORE2017年9月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  構成・文/鳥澤 光 *本テーマ内の書籍はすべて集英社文庫です

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック