DAILY MORE

DAILY MORE

スタイルが悪く見える自分にサヨナラ! 「蟹股(がに股)バスター」ストレッチを今すぐはじめよう♡

おしゃれもメイクもばっちりなのに、姿勢で台なし! あなたに忍び寄るおブスの影、今こそ退治しなくちゃ!今回は、スタイルが悪く見える〝ガニ股〟を撃退するストレッチをご紹介。

【教えてくれたのは……『Dr.Body 池袋店』店長 斉藤修子さん】

骨盤のゆがみやズレ、滞ったリンパの流れを整える施術が人気。美しい姿勢へ導くアドバイスも伝授! ◆東京都豊島区西池袋1 の20の1 ・I.TOWER・9F ☎03・6907・0355 11:00~22:00(土・日曜、祝日10:00~20:00) 

http://www.dr-body.jp


★まずは「ガニ股チェック」をしてみよう!

立ち姿で見る足の向きの違い

自然に立った時、ひざと太ももの内側がくっつき、自然とつま先が正面を向くのが正しい状態。ガニ股はひざとつま先が外を向き、太ももに隙間があいてしまう。
「簡単に見えますが、ガニ股の人は立っていても座っていても無意識につま先が外を向いてしまい、両足の太ももやひざをつけようとすると、立っているだけでつらくなります」(斉藤さん)

タンクトップ¥4300・ショートパンツ(スパッツつき)¥5900/ニューバランス ジャパン(ニューバランス) 中に着たブラトップ¥3990/GYDA

正しい 歩き方はこう!

歩き出す際の足の向きは、ひざもつま先もまっすぐ正面を意識! 歩きながら、太ももの内側にある「内転筋」をきちんと使えているかどうかを意識してみて。
「ガニ股のひざが外向きなのは、歩く時に太ももの前や外側の筋肉ばかり発達し、外重心で歩くクセがついているから。内転筋が衰え、さらにガニ股が進行してしまう悪循環に」(斉藤さん)


MORE2017年9月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  構成・原文/井上ハナエ 撮影/藤澤由加(モデル) 梅村 駿(製品) ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/和田えりか スタイリスト/梅林裕美 イラスト/ユリコフ・カワヒロ ●本文中の(W×D×H)は、(幅×奥行き×高さ)を表しています

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック