DAILY MORE

DAILY MORE

30歳以上の3人に1人は子宮筋腫!? 大人女子には知ってほしい、「子宮のリアルトラブル」5つの数字!

仕事も遊びも恋愛も、健やかなカラダがあってこそ。小さな不調や違和感を見逃していませんか? 大切な子宮とおっぱいを守れるのは、あなただけ!! 今回は「子宮」についてのトラブルを解説します。

知ってた? 大人女子の「子宮のリアル」5つ

MORE世代にとって、子宮のトラブルはひとごとじゃないんです! みんなに知っておいてほしい子宮トラブルを5つ教えます!

【お話をうかがったのは……増田美加さん】
女性医療ジャーナリスト。確実なエビデンスに基づいた健康情報や患者視点での医療情報を発信。自身も乳がんサバイバーであり、啓発活動を行っている

【子宮のリアルトラブル 1】30歳以上の3人に1人が 子宮筋腫

子宮の筋肉層に腫瘍ができる子宮筋腫。基本的に、すべて良性といわれていて、実は婦人科における腫瘍性疾患で発症頻度が最も多い病気でもある。罹患率を見ると、30歳以上の女性では20~30%、つまり約3〜5人に1人が発症している計算に。しかも、筋腫ができる部位によっては不妊症にもつながる可能性大。
●出典/日本産科婦人科学会

【子宮のリアルトラブル 2】子宮内膜症のうち51%が不妊に

日本内膜症協会の調査によると、子宮内膜症と診断された女性のうち半数以上の51%に不妊が認められたという結果が。「月経痛のある人が88%、月経時以外の下腹部痛が72%、半数以上が腰痛や性交痛を感じるなど、痛みを感じる人が多く見られます。痛みを感じたら放置せず、きちんと婦人科を受診して」(増田さん)
●出典/女性の健康推進室ヘルスケアラボ


MORE2017年10月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・原文/国分美由紀 イラスト/長谷川まき

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック