DAILY MORE

DAILY MORE

耳の痛い言葉だからこそ、背筋が伸びる! 〝ショック療法的〟お仕事名言とは?【はあちゅうのお仕事名言博物館】

会社員&フリーランスとして働いてきた作家が、自身の経験した〝仕事にまつわる名言〞を紹介します。

しかられるのが怖くて、あらかじめ「ほめられて伸びるタイプです」と伝える若手社員が増えていると聞きました。私自身も上司にはほめてもらいたいタイプですが、ときには強い言葉が、ショック療法として人生にがつんと効いてくれる気もするので、耳が痛いからと言って、耳に入れないのは、自分の人生にとって損なように思います。

 大学時代に読んだ海外の本で、アメリカのエリート層は体型を含め身だしなみにとても気を使うという話を読みました。著者名もタイトルも忘れてしまったその本に書いてあった「自分も管理できない人が仕事を管理できるわけがない」という耳の痛い言葉は、今でも私の脳裏にたびたび登場する言葉のひとつです。この言葉を今月の"お仕事名言”に認定させていただきます。


MORE2017年10月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! イラスト/湯浅 望

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック