DAILY MORE

DAILY MORE

ホルモンの乱れなどで12〜20人に1人が多嚢胞性卵巣症候群に!? 大人女子には知ってほしい「女性ホルモンのリアル」5つの数字!

生理も女性ホルモンも、「あるのが当然」と思っていませんか? 小さな異変が大きなトラブルにつながりやすいからこそ、正しい知識とつきあい方が将来を左右するかも! 今回は「女性ホルモン」についてのリアル&トラブルを解説します。 

知ってた? 大人女子の「女性ホルモンのリアル」5つ

目に見えないものだからこそ、意識できるのは自分だけ! みんなに知っておいてほしい女性ホルモンのリアルを5つ教えます。

【女性ホルモンのリアル 1】女性ホルモン分泌のピークは28歳前後

女性の体と心に影響を与える女性ホルモン。特に卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンは、年齢によって分泌レベルが変化するため、生理トラブルやかかりやすい病気の種類にも違いが。分泌が安定的に行われるピークは28歳前後で、妊娠や出産に最適な状態が整う時期。その後、30代半ばから減り始めて、更年期障害などの原因に。●出典/ホルモンケア推進プロジェクト

【女性ホルモンのリアル 2】体内にあるホルモンは100種類以上

体つきや生殖機能に関係する「性ホルモン」の女性ホルモンや男性ホルモンをはじめ、甲状腺ホルモンや成長ホルモンなど、私たちの体に存在するホルモンは100種類以上! 体の中でつくられたホルモンは血液中に分泌され、体温や水分、血糖値など体のバランスを調整している。ちなみに、女性ホルモンは卵巣から分泌されている。●出典/国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター HP■http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/030/05.html

【女性ホルモンのリアル 3】一生の分泌量はティースプーン1杯

脳からの指令によって卵巣から分泌される女性ホルモンは、女性らしい体をつくる卵胞ホルモン(エストロゲン)と、妊娠をサポートする黄体ホルモン(プロゲステロン)の2 種類。一生の間に分泌される量は、ティースプーン1 杯程度といわれるが、ごくわずかなバランスの乱れでも、体と心に大きな影響を与えることがわかっている。●出典/ヘルスケア大学(監修/『肌クリニック大宮』相馬孝光先生


MORE2017年11月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/国分美由紀 イラスト/森 マサコ

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック