安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方

美人、現在進行形──。その秘密とこだわりに迫る! 安達祐実という奇跡

今、あらためて多くの女性から支持を集めている、安達祐実さん。年齢を重ねるほどに美しく、愛らしく、そしてナチュラルに進化し続けている。そんな美の秘密をたっぷり教えてくれました!

「ナチュラルなメイクにポイントカラーをきかせるのが好き」(安達さん)

どんな時も気分を大切に。ポイントを絞ったメイクで“今の自分”を表現する!

安達祐実さんの愛用コスメ

安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_1

❶美しく透き通った素肌のように仕上げてくれる。軽やかなつけ心地も魅力。
ロングラスティング リキッドファンデーション SPF22・PA++(全10色)30㎖¥9000/アンプリチュード

❷気になる肌悩みに合わせて、色を使い分けられる。
TV&MOVIE モイストミネラルコンシーラーUV SPF50+・PA++++¥4000/ナチュラピュリファイ研究所

安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_2
❸豊富なカラーバリエーションが魅力のシリーズ。確かな発色で、視線を引きつける印象的な目もとに仕上がる。
スモール アイシャドウ ルール¥2500/M・A・C
❹植物由来オイル高配合で、肌に溶け込むように密着。大人の遊び心を感じるカラーと絶妙な発色で、目もとメイクが楽しくなる。
ヴォランタリー アイズ 28¥2000/セルヴォーク
安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_3
❺頬にほどよい血色感を演出。ノンパールでマットな仕上がり。
ザ ブラッシュ 011¥2800/アディクション ビューティ
❻上品なパール感とほんのり感じる青みが魅力のピンクチーク。単色使いはもちろん、ほかのカラーと組み合わせて使用すれば、イメージを自在に操れる。
インジーニアス パウダーチークス N 01¥3000/RMK Division
安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_4
❼唇の水分によってピンクに色づき、ナチュラルな口もとを叶えてくれる。単体で使用するのはもちろん、手持ちのリップを重ねづけしても。
ストールンキス エンハンサー 001¥2800/アディクション ビューティ
❽べたつかず、しなやかでなめらかなつけ心地。潤い成分配合で、ふっくらとした口もとを演出。
リップグロス N 1675¥3100/NARS JAPAN

安達祐実さんのメイク方法

安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_5
20代のしっかりフルメイクから、素顔を生かしたシンプルメイクへとシフトした安達さんの今のメイクテーマは、“シアー”。

「素肌っぽい肌を目指して、ファンデーションは、『アンプリチュード』(①)のリキッドを半年前くらいから使っています。美容成分が入っていて肌への負担も少ないそう。コンシーラーは、『TV&MOVIE』(②)。ニキビあとは隠すけど、くまは隠さないナチュラル派(笑)。厚塗りして見えたり、小ジワが際立つのが苦手なので、光で飛ばすことを狙って、色味は肌の色に近いトーンではなくて、あえて白めを選んでいます」

チークの塗り方にもこだわりのワンテクニックがある。

「自然な血色感を出すために、まず『アディクション』(⑤)のピンクチークを頰の中心に丸く入れます。次に、『RMK』(⑥)の青みがかったピンクを、はじめに入れたチークのまわりにふわっとぼかすように入れます。どちらも薄く入れるとキツく見えないんです」

リップも、今は“シアー”が心地よいのだそう。

「最近、お仕事で濃いカラーのリップをつける機会が多くなり、その反動か、プライベートは唇がほんのり色づく程度のリップにシフト。特にお気に入りなのが『アディクション』(⑦)のリップ。これだけの時もあれば、この上から『NARS』(⑧)のベージュ系グロスを塗り重ねることもあります。読書も、同時に何冊も読み進めるのが苦手なタイプで(笑)。今日もバッグに入っているのはリップ1本だけです」

そんなシアーメイクを愛する一方で目もとにはカラーを仕込み、ポイントとしてきかせる。

リップやチークは存在感を控えめにして、目もとにポイントカラーを持ってくるのが好きなんです。ついつい使いがちなカラーは、オレンジ。色味が絶妙な『M・A・C』(③)や『セルヴォーク』(④)のアイシャドウを使うことが多いです。今後は、パープルや鮮やかなイエローのアイライナーで、目尻にちょこっとカラーラインを入れて、遊んでみたいと思っているところです」

ワンピース¥65000・ピアス¥21000/ザ ダラス ラボ(ザ ダラス)
YUMI ADACHI
あだち・ゆみ●1981年9月14日生まれ。東京都出身。2歳で芸能界デビュー。94年に主演したドラマ『家なき子』が社会現象になるほど話題を呼ぶ。その後も、ドラマ、映画、舞台などで幅広く活躍。ドラマ『警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜 SEASON4』に出演中。また、素顔が垣間見えるデビュー35周年アニバーサリーブック『YUMI ADACHI A to Z』(双葉社)も好評発売中!
安達祐実さんのベースメイク&ポイントメイク。『アディクション』や『RMK』などの愛用コスメで、ナチュラルメイクとカラーメイクのやり方_6

新著『肌がきれいになる石けんオフメイク』が、9月20日に発売予定。石けんでオフできる、肌にやさしいメイクテクを学べる。(文藝春秋 ¥1400)

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る