描く以前の「地眉のお手入れ」基本のキ! 【NEO平行眉9】

抜いたり剃ったりはどこまでOK? 「地眉のお手入れ」方法

地眉を最大限に生かす“最小限お手入れ”が、骨格を引き立たせて美人顔へと導いてくれることが判明! ポイントは毛をコントロールすることにあり。

むやみに切らないのが鉄則! 毛量感が何より大事です

地眉のお手入れポイント
「顔の立体的な美しさを演出するための眉の条件は、①正面から見た時の毛の自然な濃淡と、②横から見た時の毛の厚み。それには、切る・抜く・剃るなどの処理を極力避けて、地眉を生かすことが重要です。よけいなお手入れをしてしまうと、地肌が透けてまだらな不自然眉になったり、毛の立体感が失われて平面的な表情につながってしまうのでご注意を!」(三森さん、以下同)

基本のお手入れ

1 アイブロウメイク完成後にその内側に毛を収める

地眉のお手入れ1
眉毛の処理を最小限に抑えるべく、まずはメイクを完成させて理想の眉の形を把握。その後、スクリューブラシで写真の矢印のようにとかすことで、はえ方の少ない眉山下や眉尻などにも毛を届けつつ、はねた毛なども理想の眉の中に収めて。これだけでも自然な濃淡&立体感のある眉に!

2 どうしてもはみ出るものだけカット

1で毛流れが思いどおりになりづらい場合は、眉用のジェルやマスカラなどで理想のフォルムをキープさせるのもおすすめ。長時間、毛が整い、きちんと感が宿るはず。それでもどうしても理想の眉からはみ出てしまう毛は、その部分だけを眉カット用のはさみで慎重にカット

3 不要な目立つ毛は抜くのがBEST

地眉のお手入れ3
まぶた部分や眉上など、理想の眉から離れた場所からはえた目立つ毛は、眉用の毛抜きで除いて。剃ってしまうと、あとが青く見えたりすぐ目立つようになり、眉の輪郭がぼやけてしまう。一方、眉まわりのうぶ毛の処理に迷う場合は、専門サロンのプロに頼るのが吉

教えてくれたのは

『アナスタシア ミアレ』PR担当 三森睦子さん
骨格・筋肉・フェイスバランスを見極め、地眉を最大限生かす眉専門サロンのPRを担当。ご自身も絶賛眉育中!

Ranking