DAILY MORE

DAILY MORE

あこがれのモデル・比留川 游さんの「キレイのヒミツ」。メイクは、大人の赤を忍ばせるのが気分。

トレンドが移り変わっても、年齢を重ねても、いつも私たちの“なりたい女性”の代名詞、比留川游さん。しなやかでいて強さを秘めた、揺らがない美しさの理由を、モア世代女子のために語ってくれました!

【比留川 游さんのメイクのヒミツ】オトナの赤を忍ばせる

「いつも、その日、誰に会うかを考えながらメイクします。もちろん、自分の好きなメイクがベースにありつつ、気持ちいい印象を与えられるように、人によって選ぶ色や加減を微妙に変える。本当にさりげなく、ですけどね(笑)。最近は、落ち着いたトーンの赤を“仕込む”メイクが気分。目もとにさしたり、眉色のニュアンスを変えたり、ほおや唇ににじませたり。鮮やかに見せるより、感じさせる程度に。ベースメイクは、くまなどをコンシーラーでカバーして、スティックファンデーションで顔の中央をカバー。仕上げにパウダーをブラシ塗りします。あくまで素肌っぽく、でもメイクが映える肌にきちんと整えるのが大人のたしなみ。手抜きはしません」(比留川さん)

●比留川さんがメイクに使ったアイテムはこれ!

【1】ヴォランタリー アイズ 16¥2000/セルヴォーク 
【2】サンククルール 877¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール 
【3】シュアネス アイライナー リキッド¥2800/セルヴォーク 
【4】インディケイト アイブロウパウダー 02¥3500/セルヴォーク 
【5】ボリューム アイブロウ マスカラ 04¥3000/SUQQU 
【6】ミネラルクリアリップ&チーク ネーブルオレンジ¥3500/エトヴォス 
【7】ヴォランタリー アイズ 00¥2000/セルヴォーク

●比留川さんのメイクのやり方を解説!

<EYE&EYEBROW>
【1】のアイシャドーで上下のまぶたを囲む。赤みと陰影を仕込んで。【2】の中央の赤をブラシに取り、上下のまぶたの際、目尻3分の1 の幅にライン状に“く”の字入れ。【3】の黒リキッドでインラインを入れる。【4】で眉全体に赤みブラウンをかけ、【5】で眉頭の毛流れを立ててフィックス。

<LIP&CHEEK>
【6】でほおと唇に血色感を出し、リップの仕上げに【7】を重ねてつやとくすみニュアンスをプラス。


MORE2018年4月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  撮影/菊地泰久(人物/vale.) 岩城裕哉(製品) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) モデル/比留川 游 スタイリスト/辻村真理 

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック