野尻 美穂

野尻 美穂

1984年生まれ。東京都出身。SHIPSプレスを経て、現在はフリーランスのファッションディレクターとして活動中。好きなものはベーシックでメンズライクな服、だいたい毎日カジュアルなコーディネート。でも“カジュアルなだけ”、“フツーすぎる”スタイリングはつまらない!そんな私がいま着たい服、気になっているおしゃれのことをお話させていただきます。

秋定番のダークカラーを今年らしく着るには?

こんにちは。前回までこの秋気になるトレンドカラーのお話が中心でしたが、やっぱりネイビーやカーキ、ダークトーンのベーシックカラーも使いやすい。なので今日はそんな色を主役にしたコーディネートをご紹介します。

今年はロングワンピも着たい!

いつもはパンツ派の私。
でもこの秋はスカートやロングワンピにも注目しています。
nano universeで見つけたこのマルチボーダーのニットワンピ。これ、見つけた瞬間買う!と決めました。笑
というほどダークトーンベースのカラーリングがとても私好み。秋定番のグレーやネイビーもこんなマルチボーダーを選べば新鮮です。このスタイルはシルクのM65型の羽織を使ってレディライクに。足元はスリッポンでメンズ感をあえて出しています。これならデニムを重ねて着ても良いかも。
アクセントにバッグはブラウンを取り入れています。



ヴィンテージなアイテム同士でもダークトーンで大人っぽく!

私の好きな古着アイテム。
このスタイルは上下共に古着です。
でもウエストマークや足元にスリッポンを使う事で、今年らしさや野暮ったさは一気に解消!
やはり今年は小物使いが重要です。
ここにはスニーカーでもなく、ブラウスをインするだけでもなく、こうやってアイテムの選別をする事でよりアップデートしたスタイルに変身できます。

どこかに女性らしさを入れるのは絶対!

このコーデはROKUのブラックのブラウスを取り入れた男前コーデ。
デニムにあえて全部ブラウスの裾をインしてベルトは「ガチャベル」でカジュアルダウン。
でもどこかに女性らしさやハズしを入れるのは私の中の掟でもあるので、この時はベルトとバッグの色合わせをアクセントにしました。
ちなみにちょっと分かりづらいのですが、このブラウスもただのブラウスではなく、袖がとてもボリュームのあるデザインになっています。
こういうデザインも大人度を上げてくれるポイント。
シンプルだけどどこかにこだわりを取り入れるのが私流でもあります。
自分に気の利いたスタイル、是非作ってみてください。

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE11月号、発売中!