野尻 美穂

野尻 美穂

1984年生まれ。東京都出身。SHIPSプレスを経て、現在はフリーランスのファッションディレクターとして活動中。好きなものはベーシックでメンズライクな服、だいたい毎日カジュアルなコーディネート。でも“カジュアルなだけ”、“フツーすぎる”スタイリングはつまらない!そんな私がいま着たい服、気になっているおしゃれのことをお話させていただきます。

私流トレンドの取り入れ方

こんにちは!
少しずつ季節になり、そろそろ秋本番。
そこで今回は野尻流トレンドの取り入れ方をご紹介。
さりげないポイントでも、ちょっとした変化で季節感を感じられるのです。
今日は最近の私の2スタイルをポイントに切り取ってご紹介します!

主張の強い柄を取り入れるなら他は黒でシックに

今年人気でもある「ペイズリー柄」。
この日着ていたROKUのワンピースはボリュームもあるので他に使うカラーは基本黒。
でも全体に使ってしまうと重たくなりすぎてしまうので、トップからベージュのキャップ、グレーベージュのインナーを使ってグラデーションの様に少し褪せたブラックのジーンズ、コンバースをマットブラックにしてさりげないカラーバランスを。
キャップはBEAMSのもの。
ベージュカラーのキャップは私には黒より万能で、さりげないポイントにもなってくれます。
ワンピースだけでは少し綺麗な印象にもなるので、ここでカジュアルアイテムを採用!!
グレーベージュと褪せたブラック。
どちらもはっきりしている色ではなく、中間色を使うことでより大人っぽくなります。
ウエストにはあえてシルバーのベルトでアクセントを。
そして足元。
よく見るとこのスニーカー、スウェードなんです。
なんとなくここでも秋らしさを意識。
キャンバスでもなく、レザーでもなく、スウェード素材を使うのがポイントです!

ベージュを効かせて重たくならない秋の装い!

こちらは夜。笑
今の時期って日中は暑くて夜は寒い。
なので、中に着ているのはノースリーブです。
上にはさっと羽織れるAURALEEのシャツを。
デニムには77circaを合わせて少しくせあるコーディネートにしています。
ここでのポイントはこのレザーの紐!!
ウエストにマークさせてアクセントにしています。
最近のお気に入り。
靴紐をベルト変わりに使うなんて人も良く見かけます。
そして足元はFABIO RUSCONIのチャンキーヒール。
これもスウェード素材。
足元をヒールにするだけでカジュアルすぎるコーディネートも一気に大人になります。
シャツとバッグ、ヒールに色の統一感を与えて、見た目に秋らしさをプラスしました!
どこかに統一するポイントを作ることで今っぽいスタイルに変身できます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!!

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

本田翼ちゃんがモアモデルになりました!! MORE9月号絶賛発売中♡