野尻 美穂

野尻 美穂

1984年生まれ。東京都出身。SHIPSプレスを経て、現在はフリーランスのファッションディレクターとして活動中。好きなものはベーシックでメンズライクな服、だいたい毎日カジュアルなコーディネート。でも“カジュアルなだけ”、“フツーすぎる”スタイリングはつまらない!そんな私がいま着たい服、気になっているおしゃれのことをお話させていただきます。

デニムの日、足もとはどうする? 野尻的分析

こんにちは。ブログ第2回目は、前回に引き続きデニムがテーマ。先週は私の好きなデニムのコーディネートをお話ししましたが、今回は足もとコーデについてお話します。デニムにどんな靴を、どう合わせるか、野尻的おすすめをご紹介。これからの季節、是非参考にしてみてくださいね。

旬なレースアップ靴で、差がつく着こなしワザ!  

デニムの日、足もとはどうする? 野尻的分析_1
これからの季節は抜け感が大事!
レースアップシューズは今シーズンのトレンド。既にデニムに合わせている方も多いのでは? ただレースアップシューズって素足で履くと女っぽすぎたり、きれいめな印象が強くて決まりすぎる場合も……。そんな時、こなれ感を出すためにはバランスの取り方が重要です。ポイントはデニムをわざと太めにロールアップすること! それだけでラフなムードが増していい感じになります。私はコーデそのものもスキッパーシャツとリジットデニムで、ほどよく抜け感を出るよう意識しました。

コーデがメンズライクな日は、足もとは可愛く!

デニムの日、足もとはどうする? 野尻的分析_2
小物に色を加えて遊びを出す!
私の場合、メンズライクなスタイルが多いので、忘れがちなのが可愛いらしさ。すごく意識をしているわけではないけれど、見られた時になんかかわいいと思ってもらえる様なコーディネートをしたいといつも心がけています。例えば最近黒いTシャツが好きでよくデニムと合わせていますが、ここにスニーカーを合わせるとボーイッシュな印象になりがち。そんな時は足元にこういったオープントゥのサンダルを使うと一気にレディライクな雰囲気になります。シャツも腰にあえてウエストマークをしてより大人っぽく。デニムを履いても子供っぽくなりたくない、ボーイッシュになりたくない、そんな人はこんな風に計算してみて下さいね。

脱ダークカラーで、夏らしくこなれ感アップ!

デニムの日、足もとはどうする? 野尻的分析_3
ここで重要なのは暗い色を使わないこと!
このスタイルはこれからの季節に向けたハッピー感のある色合わせを意識。と言ってもたくさんの色を取り入れるのは難しいので、暗い色は使わずに服も小物も明るい色味をチョイスしただけ。ただ淡い色だけでぼんやりしないよう、ボリュームのあるウェッジソールのサンダルでコーデ全体を引き締めました。ウォッシュの効いたデニムにピンクのTシャツ、ナイロン地のアノラックパーカ、スポーティなムードのコーデにスニーカーやフラット靴だと子供っぽいし、アンバランス。大人っぽく着こなすためにも、高さのあるサンダルはベストな選択です!

Ranking

もっと見る