八巻 富美子

八巻 富美子

身長150cmのミニサイズ編集長。日々ちょこまか走り回ってつかんだ大ネタ、小ネタをお届けします! おしゃれと歌舞伎とマンガとスヌーピーが好き。

歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!

歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!_1
この目ヂカラの強い男性は……歌舞伎俳優の尾上右近さん。まだ23歳ですが、人気も実力もめきめき上昇中の若手注目株なのです。トークショーにお邪魔したところ、写真もブログアップもOKという太っ腹なお言葉を(しかもご本人から)いただいたので、お言葉に甘えてご紹介!
清元の家元である延寿太夫さんを父に、名優六代目尾上菊五郎を曽祖父に持つ右近さん。主に女形で活躍中ですが、最近は重要な役を演じる機会も増えてきて、若々しい清冽さと芯の強さを感じさせる舞台姿がとっても印象的。私の周囲にもファンが多いんですよ。8月には初の自主公演「研の会」を開催するというので、ご本人かなり気合入ってます!!
歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!_2
歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!_3
その自主公演を応援すべく、ちょびっと宣伝をば。(チラシも転載させていただきます。題字とお花のイラストはご本人によるもの!)

演目は清元『吉野山』と長唄『春興鏡獅子』。『吉野山』は凛々しい侍(実はキツネが化けている!)佐藤忠信役。市川猿之助さん演じる静御前と共演です。豪華! 猿之助さん自身、若いときから積極的に自主公演を行い、自分のやりたいことに挑戦し続けてきた革新児。その公演に参加して刺激を受けたことも、今回のチャレンジにつながったそう。

『鏡獅子』は有名な演目なので、歌舞伎未体験の方もテレビなどで見たことがあるのでは? 前半は江戸城の美しいお小姓の姿、後半は獅子の精となって白く長い毛を振りたてて勇壮な踊りを見せる大曲です。なんと3歳のときに、ひいおじい様・六代目菊五郎の映像を見て「やりたい!」と思って以来、20年間憧れてきた演目なんだそう! ちなみに、その映像は小津安二郎監督が撮影したドキュメンタリーで、もちろんモノクロ。これを見て憧れる3歳児、恐るべきDNA! ご本人は「戦隊ヒーローに憧れるのと同じ感覚」とおっしゃってますが、そ、そう?
歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!_4
どちらも、私も大好きな演目なので、右近さんの踊りが今からすごーく楽しみ。興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。いきなり歌舞伎はハードル高い、という方にもオススメですよ♫ 「お客様が”自分のため”に見に来てくださる、というのは今までにない特別なこと。この経験をこの先の歌舞伎の舞台にもつなげていけるようにしたい。今はひたすら稽古です!」……カッコイイ♡

で、ちゃっかりツーショットも撮らせていただきました。右近さん、ありがとうございました!
歌舞伎俳優・尾上右近さんに接近!_5
左はこの日の聞き役、歌舞伎ソムリエのおくだ健太郎さん。歌舞伎座のイヤホンガイドの解説も担当されてます。いつも楽しい歌舞伎トーク、ありがとうございます!
(こぼれ話)
23歳にしては、言葉もものごしも大人っぽい雰囲気の右近さん。が、かつては「歌舞伎役者でいる時間以外は、レゲエアーティストでいたい」とドレッドヘアにしたことも! 若気の至りといいながら、「またそんな時期がくるかも(笑)」とも。それはそれで楽しみ!? お化粧してカツラかぶるお仕事だから、意外と大丈夫なのねー。(でもカツラの中がモコモコしそう)

Ranking

もっと見る