芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

「相葉くんの紅白司会」について、二宮和也が語ること。

こんにちは、芳麗です。

MORE 2月号は、もう手にとっていただけましたでしょうか?

私が取材・執筆を担当している、連載「二宮和也のIt 一途」は、98回目を迎えました。
記念すべき100回目まで、あと2回! 
来月発売の99回目もスペシャル企画があるそうなのですが、今月も印象的な良い話だったので、少しだけ。

今月号の前半では、「相葉くんの紅白司会」について話しています。

この連載は、毎回、絶対にこのテーマについて話すと決め込んでいるわけではなくて、近況とかニノの現在の心境などを聞いているうちに、自然に話が繋がっていきます。

つまり、この時、ニノが最も興味があったのが、「相葉くんが紅白司会をすること」。

相葉くんは、前号のMOREのインタビューでも、「自分は悩みがあっても誰にも相談しないタイプだ」と語っていましたが、やはり、紅白司会を引き受けるかどうかを悩んでいたことも、ニノにも相談しなかったようです。

余談ですが、かつて大野くんにインタビューした時も、「基本、悩みは親友にも相談しない」と話していたし。
ニノにいたっては、「悩みどころか、自分のことは(信頼している人にですら)できるだけ他人に話したくない」とたびたび言っていたのを思い出しました(笑)。
似ていないようで似ている3人なのでしょうか。

悩みを他人に話さない人というのは、秘密主義なだけではなくて、優しいんじゃないかと思います。他者に負担をかけたくないから、ネガティブな考えは話さないんだろうなと。
それから、どんな悩みも最終的には自分にしか解決できないことを知っているのでしょう。
余談が長くなりましたが、話を戻します。

相葉くんが紅白の司会をやることが決まって、ニノが感じたこと、思いやっていることは、さすが、幼なじみであり、メンバーならではの深い愛と鋭い角度! 視聴者である私とはまったく別なものでした。

31日の紅白を前に、ぜひ、読んでいただきたいインタビューです。
嵐も大トリを務めることですし、とても楽しみですね。

ちなみに、相葉くんの話を発端にして、さらにいろんな話が深まっていきまして、最終的に、テーマは、「嘘はつかない」になりました。

アイドルなど表舞台に出る人に限らず、私たちは、社会に生きている限り、なかなかすべての真実を言えないし、必ずしも言うことだけが正解ともいえません。トップスターなら、なおのことでしょう。

では、ニノは、どうしているのか?  

事実と真実は異なるし、虚飾が嘘とは限らない。
突き詰めるほどに、複雑で深いテーマですが、すでにニノはずっと前から考え抜いていて、自分なりの答えを持っているのだなと感じさせられました。

ぜひ、読んでくださいね!

Ranking

Movie

MORE7月号、発売中!