芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

“不眠症”の特効薬は、ライナスの毛布(ハリネズミ)!

こんにちは、芳麗です。
今日は、私が最近、プレゼントしてもらって嬉しかったものを(実は、結構たくさんあるけど)1つだけ紹介しますね。

これ! ハリネズミのぬいぐるみです。

ただのハリネズミではありません、不眠を解消してくれるハリネズミです。

実は私、今年の後半に突然、不眠症になったのです。
初めてのことではなくて、子供の頃から、ささいなことがきっかけで眠れなくなることが多々あり、それが数日間続くうちに、しばらくは不眠症に。

不眠症にも色々な型があって、私の場合は、おもに入眠困難。
私も睡眠については、何度も識者に取材しているので知識がないわけじゃない。
そこで、取材経験をもとに分析すると、私は神経が高ぶりやすくて眠れないタイプ。つまり、アドレナリンが出やすく、夜でも出すぎているから、眠れない(笑)
その場合、まずは、神経のクールダウンが大切なんですよね。
後頭部はアイスノンで冷やして、お腹と首元を温めると、心身がみるみる安定します。これは、ほんとうに使える!

それでも最近は眠れないことも多々あるから、快眠の絶対的な方法や方法論がないのだと改めて。
それでも最近は眠れないことも多々あるから、快眠の絶対的な方法や方法論がないのだと改めて。

先日、友人に「実は私、不眠で……」と伝えると、次に会った時にクリスマスプレゼントに、「よく眠れますように」と小さなぬいぐるみをくれました。

それが、この子です。
白くてこんもりと丸くてもふもふした手触りが何とも気持ちいい。
可愛いけれど、最初はクマでも犬でもない不思議な動物だなと思いながら、よくよく眺めてみれば、ハリネズミでした。

しかも、ただのぬいぐるみではありません。
背中のジッパーを開けると、中に毛布が入っています!

ああ、これは、「ライナスの毛布」だなと。

ライナスの毛布って、ご存知ですか? 
漫画「ピーナッツ」(スヌーピーの原作です)の中で、ライナスという名前の坊やが、いつも肌身離さず持っている毛布のことです。

子供って、いつも同じお気に入りのものを肌身離さず持つことによって、安心感を得ることってありますよね。
その執着しているモノのことを、ライナスの毛布、あるいは、安心毛布と呼びます。

執着まではいかずとも、自分にとっての好きなモノや気持ちの良いモノをそばに置いていると、なんだか、安心して、心も眠りに安らかになるなと思い出しました。

そして、私の不眠はゆっくりと解消しつつあります。

きっと、このハリネズミには、友達の優しさもたっぷりと含まれている。それを感じ思い出すからこそ、私のライナスの毛布になっているのだなと。ああ、感謝!

この子がいれば、今夜も嬉しい気持ちで眠りにつけそうです。

Ranking

Movie

MORE7月号、発売中!