芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

「28歳の大失恋が、SHIHOのモアモアハッピーな美と人生を作った!」MORE 3月号 インタビューのこと。。

『綺麗も人生も、自分で切り拓こうと思えたのは、失恋したから』

発売中のMORE3月号。
担当している、創刊40周年記念の連載『40年目のモアガールへ!』にて、モデルのSHIHOさんにインタビューしました。

SHIHOさんといえば、MOREの歴史において、モデルの中では、おそらく、最も表紙の登場回数が多い人。
10数年前、私が新人ライターとして、MOREにお世話になり始めた頃には、すでに表紙を飾っている看板モデルでした。

当時、MOREのテレビCMのキャッチコピーは、「モア、モア、ハッピー♬」でしたが、まさに、そのイメージを体現している存在。

フレッシュで、元気で、可愛くて! 
ちょっと欲張りなくらいに、ハッピーなことに貪欲な感じが、見ているこちらまでウキウキさせてくれる。

昨年、40歳という節目の年を迎えた、SHIHOさんはとても美しく成熟しながらも、あの頃と変わらない「モア、モア、ハッピー♬」を体現していました。

大人の落ち着きと色気を備えながらも、相変わらず、人生にウキウキし続けている感じ。
同世代としても素敵だなと思うし、現在のMORE読者たる年下の女子たちにも是非、触れて欲しい存在だなと改めて。

本連載のインタビューでは、毎回、「自分がMORE世代だった頃の悲喜こもごも」と「今、アラサーの女子に伝えたいこと」について聞いています。

SHIHOさんの場合は、いずれも「恋愛!」について、たくさんの話をしてくれました。

20代は、全身全霊で恋愛して傷ついたからこそ、いろんことを学んだのだと。
話を聞いていて、SHIHOさんは、恋愛でできている。
恋愛が人生観を作り、充実したキャリアと、今の美しさや家庭を築いたのだなぁと。

「20代後半はヒロイン世代! 恋も人生ももっと楽しんで』

現在の20代は、「恋愛に興味がない」とも聞きますが、SHIHOさんは、「強要はしないけど、勿体無いとも思う」。

「20代後半は、ヒロイン世代なんだから。怖がらずに、たくさん恋して欲しい。年上・年下の両方にモテる時期だから」とも。

たしかに、ドラマや映画では最もヒロインに選ばれる世代。
世間的には大人だけど100%大人になりきれず、酸いも甘いもわかっているつもりが、つい道を踏み外したりもして。とはいえ、傷ついても立ち上がる時間はたっぷりあるし、傷の治りが早い季節でもある。

なんと、輝かしい!

ちなみに、この「恋こそ、女を磨くもの」という哲学は、SHIHOさんの新刊「SELF CARE-セルフケア-今すぐ始められる40のアンチエイジング法」にも貫かれています。

本書は、基本的に、ヘルス&ビューティーについての本です。

長らく続けているヨガを始め、美容・健康に造詣が深く、現在では、ライフスタイル全般についてのアドバイザー的な役割も担っている、SHIHOさんが大切にしているヘルス&ビューティーについての具体的なアドバイスが載っています。

とはいえ、表面的な方法ではありません。

彼女が28歳の時の大失恋をきっかけに、「自分で自分を支えよう、自分の人生は自分で切り拓いて幸せになろう」と思ってから始めて、試行錯誤しながら続けてきた、40の方法が載っています。

根底に彼女の人生経験と哲学が流れていて、それが美と健康のメソッドにつながっているから、とても面白いし、説得力がある。
そして、ここにある具体的な方法を1つでも始めてみたら、続けているうちに、きっと心身のどこかに良い作用がありそうだなと。
(それこそ、恋愛したいエネルギーも湧いてくるかも知れません)

とても良い本です。
MOREのインタビューと合わせて、ぜひ、一読を!

Ranking

もっと見る

Movie

MORE7月号、発売中!