芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

「結婚はギャンブル気分で♪」BY 蛭子能収さん

「結婚はギャンブル気分で♪」BY 蛭子能収さん_1
最近、相談本が多いですね。
相談本には、おおまかにいえば、2種類あって、ひとつはガチで悩みを解決してくれようとするもの。もうひとつは、回答(モノを見る視点や思考)の面白みを味わうもの。後者は、著者の人となりや人生があからさまに現れているものが多く、解決の即効薬にはならないかもしれないけれど、うわべのテクニックではなくて、本質をついているものであれば、芯までしみてじわじわ効いてくる。読み物として楽しめる。

あの蛭子さんの相談本は、『蛭子能収のゆるゆる人生相談』は、もちろん後者です。


蛭子さん発の人生相談本は、世間体などおかまいなし。
本音の迷&名回答がいっぱい!!

「恋人に持病を隠しているから結婚できない」という悩みには、
「好きなら結婚すれば?オレはギャンブル感覚で結婚している」。
「ママ友とのトラブルや噂話に悩む」という人には、
「良い噂も悪い噂も、自分を宣伝してくれていると思えばいい」などなど、
突き抜けていてユニーク。

でも、実は本質をついていると思わされるものも多かったです。
蛭子さんの言葉はきれいごと抜きで世間に流されない哲学がある。

その根幹には、「孤独」があるからこそ。
ここ数年、愛と絆が大切っていう風潮が高まっていますけど、蛭子さんは真逆。
「ひとりが最高!」とだと言います。


1人になることを恐れない。
1人でモノを考えてる。
1人だからこそ、自分の大切なものがわかる。

(*“孤独”の必要性や醍醐味については、『ひとりぼっちを笑うな』に詳しいです)


珍回答に爆笑しつつも、孤独だからこそ見えてくるものがあるんだなぁと気付かされ、ウソのない面白みにすっかり癒されました。


蛭子さんの、『芸能界蛭子目線』もおもしろかった!

もともと漫画家の蛭子さん。初期はグロテスクな作風だったマンガも、「お金をもってからマイルドになった(笑)」とご本人はおっしゃっていましたが、
芸能界や芸能人を蛭子さん目線で切り取った本作を読めば、グロテスクこそないものの、あのユルさと毒っぽさは健在でした。

Ranking

もっと見る