芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

6日でするりと−3.6kg⁈ ”温活ファスティングの旅”で体質と心をリセットダイエット【前編】

 こんにちは、芳麗です。夏真っ盛り、あまりの暑さに気圧されていませんか?
 私は、季節の変動で体調が崩れたり、体重が増加したりしがち。夏は特にそうだから、メンテナンスが必要だと感じています。
 

 先日、久しぶりにファスティングの旅に行ってきました。
 目的は2つ。体を内側から綺麗にすること、そして、静かな環境で執筆に集中することです。
 (さらには、今、MORE40th記念で盛り上がっている企画、#モアチャレ に私も、ダイエッターとして勝手に参戦気分も)
 
 何はともあれ、久々のファスティング旅が予想以上にとても良かったので、リポートしてシェアしたいなと思います。

 結論から言うと、心身ともにすっきりしました。分かりやすい結果を言うと、

 5泊6日で−3.6kg !!

 すごくないですか? 
 ただ、こう書くと、減量こそがファスティングの主目的のように思われがちですが、それはあくまで副産物。ファスティングの最大の効果は、もっと別なところにありました。


 体験談の前に、まず、ファスティングとはなんぞや。
 ファスティングとは一定期間、断食することにより、胃腸などの内臓器官を休ませ、血液をきれいにする効果があります。その結果、体に溜まった毒素も排泄されやすくなる。

 断食すると言っても、今時のファスティングには、何も口にしないわけじゃない。施設や提唱する先生により、さまざまな方法がありますが、栄養たっぷりのフレッシュジュースや酵素ドリンク、具なしのお味噌汁など、内臓に負担をかけない流動食を取りながら行う方法がほとんどです。

 実は、筋金入りの健康オタクな私は、断食が初めてブームになった10年以上も前から、さまざまなファスティグ施設を体験してきたし(MOREでも体験記事を書きました)、その効果も実感ずみです。

 今回は久々にファスティング施設に行くこともあり、今人気の施設、これまでやった事のない断食法に挑戦してみたい! 
 私が訪れたのは、ファスティングヘルス倉敷です。こちらを選んだポイントは、「楽天トラベルのファスティング施設部門にて2年連続No.1」という文言に惹かれたのと、自然いっぱいの環境、サービスと料金のコスパが良かったからです。

 ちなみに、最寄駅は新倉敷駅。関西圏からだと1〜2時間程度で到着。東京からは、新幹線もあるけれど、私は飛行機で1時間と少しで岡山空港を経由してきました。乗り継ぎがうまくいけば、そんなに遠さは感じません。

 以下、5泊6日のファスティングスケジュールと雑感です。

初日 準備→断食へ
14:30 ラドン温浴
17:30 夕食(人参ジュース3杯/500ml、レモン、お茶、梅干し)

 宿に到着して一息ついたら、すぐにラドン温浴へ。ラドン温浴とは、日本各地の温泉にも入っている体に有効な成分、“ラジウム”が気体になって漂っている温浴施設。見た目も入り心地も岩盤浴に極めて近い。入浴後は、とてもリラックスして眠くなり、体が深部から温まって長らくポカポカしています。そのおかげか、初日の夜はさほど空腹感を感じることもなく、早めに眠気が訪れて就寝。

2〜4日目 本断食
8:00 朝食(人参ジュース3杯/500ml、レモン、お茶、梅干し)
8:30 亀島山ウォーキング(木曜と土曜のみ)
10:00 具なしのみそ汁(塩分補給のため)
12:00 昼食(人参ジュース3杯/500ml、レモン、お茶、梅干し)
午前or午後 ラドン温浴(日によって時間は異なるが、1日1回40分)
17:30 夕食(人参ジュース3杯/500ml、レモン、お茶、梅干し)
18:00 水曜日には、ストレッチ講座、木曜日には、ヨガ講座などがある日も。

 本断食の日数は、滞在できる日数により異なりますが、私は3日間の完全断食に挑戦。正直、全く、辛くなかったです。ひもじさに悶えたのは、2日目の夕方〜夜くらいでしょうか。私と同じく2日目の夜がいちばん辛いと感じる人は多いよう。どうやら、体が断食モードに切り変わる境目がこのあたりなので、心身が揺らぐのだと思います。この日、私にも少しだけ体調の変動がありました。

↓こちらは、大人気のラドン浴。滞在者は1日1回入れます。
 ファスティング中に訪れた、唯一、少しだけ辛かったこと。それは、2日めあたりには、デトックスによる好転反応です。私の場合は軽い頭痛と疲労感がありました。温泉などに入った後、日頃の疲れが一気に出てきてぐったりすることってありますよね。あの感覚に近い感じが2日目に訪れたのです。
 もちろん、好転反応は人による。断食慣れしていない初心者は、もっと辛く感じるかもしれないし。普段はかなり不摂生で体に毒を溜め込みまくっている人ほど、好転反応が強く出る場合もある。ゆえに、断食は専門家の元で行うことをお勧めします(初心者は特に!)

 3日めからは、楽勝でした。空腹感はもちろんある。でも、それが辛くはないのです。なぜなら、体にとって必要最低限の栄養は取れているから。
 1日に人参ジュースを1500mlほど飲めるファスティングなので、カロリーは1200kcalほどとれている。しかも、人参(とリンゴ)のジュースはフレッシュで甘く美味しい、レモンや梅干しで塩気や酸味も取れるので、心理的な満足感もある(好みにもよる)。お部屋にも生姜湯と黒砂糖が置いてあり、ちょっとでも辛さを感じたら飲んでOKというのも追い詰められずに済んだ理由。
 人間、水分と糖分と塩分を定期的にとって血糖値や体内の水分バランスが安定していれば、いつも通りに動けるし、働けるんですよね。
「食べないと力が出ない」なんていうのは、おおいなる思い込みだし、辛いのは、食欲という心の欲が満たされないからなのだなと実感しました。

 3日目には、心身ともにスッキリし始めまして、原稿がみるみるはかどる! 良い気分で、本断食期間が無事に終了。明日からは、もっと大切な回復食期間が始まります。

★大切な回復食と、ファスティングのコツについては、次回更新の【後編】をごらんください!

Ranking

もっと見る

Movie

MORE7月号、発売中!