芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】

さて、ヘルスピア倉敷のファスティング体験の後編です!
即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】_1
↑ 回復食1日目。重湯、お味噌汁、梅干し、しらすおろしもほんの少し!
後半は、ファスティングにとって最も大切な回復食について、そして、その後のキープ方法についてリポートしますね。

意外とスムーズにファスティング期間を終えた私は、いよいよ回復期間です。
かつて、経験した時も、この回復期間が鍵となった記憶があります。

5日目 回復食1日め
10:00 重湯
午後 ラドン浴
17:00 重湯

 本断食期間が終わった後は、同じくらいの回復食期間をとって、量も内容も、少しづつ普通食に戻すのが理想とのこと。
 ゆっくり休ませ、毒素を排泄して、せっかく綺麗になった胃腸に、いきなり消化に負担がかかるものを入れると負担が大きくて疲れてしまう。悪いものを入れると、一気に吸収して逆に太ってしまうこともあるのだそう。

 私は2日間を回復食に当ててもらいました。最初の回復食は、重湯からスタート。おかゆを炊いた時の上澄み汁です。粒感はないものの、粘り気のあるものを食べられるのはとても嬉しく、普段は当たり前にいただいている、お米の味も繊細に感じられます。
 
 回復食期間は、みそ汁や漬物やお麩などの体に優しいおかずもちょっぴりついていて、回を重ねるにつれて、その量や内容が少しづつボリュームを増していきます。
6日目 回復食2日め
10:00 おかゆ
午前 ラドン浴
17:00 おかゆ

 最終日目前の夜は、わりとボリュームがあるお粥定食に。いつもの食事よりも量も少なくて薄味なのに、大切によく噛んで味わって食べているおかげか、お腹いっぱい。心理的にもとても満足感があります。
(家に帰ってからも、これくらいの夕食なら、自然に痩せそう)
 回復食期間は、人参ジュースは飲まず、糖分をとっていないからか、体重はむしろ減っていきました。さらに、久々に食べ物を口にして元気になったおかげか、1日1回のラドン浴のみならず、ホテルに併設されている大浴場にも何度も行って、体を温めたのも良かったようです。ますます、体は燃焼モードに。
即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】_2
↑ボルダリング施設。すごく楽しそう。。。。でも体重が重いと、苦しそう(笑)
ここで、私は、身をもって感じました。
 断食に限らず、ダイエットの肝の1つは体を温めることであると! 

 ヘルスピア倉敷のファスティングがとても良かったのは、他の施設以上に、体を温めることに力を入れているところなんだなと。
 人間は食べることにより体内に熱を生み出しているから、断食など食事を減らすダイエットをすると、本来、体は冷えて痩せにくくしまう。体温が下がると、代謝はもちろん、体調や気分も下がるから、続けるのが辛くなるもの。
 だけど、ここでは人参という体を温める食材のジュースを飲み、空腹時に口にするのも、体を温める生姜湯や黒砂糖。前述のラドン浴や大浴場(サウナや漢方薬風呂)など体をしっかり温めるシステムに力を入れている。
 今回、私は行わなかったけれど、ヘルスピア倉敷には、スケートリンク、スカッシュコートやボルダリング各施設を中心に夏季限定でレジャープールなどのスポーツ施設も隣接。ファスティングヘルスの利用者は、特別優待料金で各施設が理想できるのだそう。

 体を温めていたせいか、断食しているにもかかわらず、体温は36.5度をキープ。体が温まっていると、断食の辛さが軽減するのはもちろん、その効果を最大限に引き出すことも実感しました。

結論 
 温かければ、辛くない!! 温めていると、痩せスイッチON!
(温活ダイエットについては、これからも研究、実践していきたい)
即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】_3
↑ 滞在期間にもよりますが、長めに滞在した人が帰る日の朝に食べる普通食。バランス完璧、ボリュームたっぷり。
最終日は、10:00 に普通食を食べて終了。いわゆる、伝統的な「ま・ご・わ・や・さ・し・い」の和食ですが、どんなフルコースよりも豪華に感じられました。

 私にとっての最大の効果は、−3.6kg以上に、デトックスして体調が整ったこと。肩こりが軽減している、眠りが深くなる……etc.
 何より、五感と頭がクリアになり、いつもより原稿がはかどって、その質が上がったのが嬉しかった(個人比です)。
 正しいファスティングには、脳がクリアになる効果がある。これは、ファスティングすることにより、腸が綺麗になるから。腸と脳は密接に関わりあっている器官ゆえに、腸を整えると、脳の機能も上がるのだそう。
 
 体重に関しては、当然、食べすぎた分は、戻りました。旅から帰ってきて、1ヶ月半ほど経過した今、1.5kgほど戻っている。それでも、−2.1kgです。
 ダイエットで落とした体重は、日常習慣を変えない限り、必ず戻ってしまうものなのだなと改めて。
 その点を考えると、断食は、ダイエットというよりデトックスのために行うものだと心得たい。でも、ダイエット(習慣改善)のスタートダッシュ(胃を小さくする、毒素排泄、空腹になれる、五感をリセットする)には、とてもいいなと、個人的には思います。
 
 ファスティングは体と心の断捨離や大掃除みたいなもの。
 心身に疲れや毒素を溜め込んで、どうにも身動き取れない人にはオススメ。
 もちろん、普段の暮らしの中で心身に毒や疲れやストレスを溜めこみすぎないように気づかうこと、日々、小掃除することはもっと大切。
 日々の忙しさや季節の変化に対応できず、相変わらず、食べ過ぎちゃう日も、疲れを解消できない日もあるけれど、なるべく日頃の暮らしを整えたい。
 そして、時々、ファスティングで大掃除できたらいいなと。

 ちなみに、ヘルスピア倉敷には、1人旅で思いっきりリラックスしに来ている人も多かったけど、女性は2〜3人のグループで来て、2泊3日くらいのファスティング旅をしている人も多かったです。
 ヨガ講習などでご一緒した時に話を聞いたのですが、完全に女子旅!
 美味しいものを食べたいのと同じくらい、綺麗になりたいのも女子の本能。
 女子同士なら、施設内でノーメイクでも気がおけないし、たくさん喋って、アクティビティも楽しんで、「お腹減ったねー」とかツッコミあって、帰る頃にはみんなでスッキリ気分も体調もリセットされてるなんて、楽しそう!

 私もまた1人でも行きたいし、女子旅でも訪れてみたいなと思います。
即効痩せ効果だけじゃない。体質と心をリセットする“温活ファスティングの旅”【後編】_4
↑ こちらは敷地内の夏季営業プール。今度は、堂々と水着を着て入りたい……

Ranking

もっと見る

もっと見る