芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

精密な愛とユーモアと哀しみと……大野智にしか描けないもの。

精密な愛とユーモアと哀しみと……大野智にしか描けないもの。_1
嵐の大野智さんの2冊目の作品集 『FREESTYLE II』を入手しました。


ジャニーズJr.時代から“ただ好きだから”と描き続けてきた絵画やイラストが、多くの人に求められて、個展と作品集として発表したのが7年前。
嵐として、個人としてもどんどん人気が高まってゆく中、地位とか名誉とかお金とか、世俗的な欲はあまりにも希薄ゆえに、当時はまだ、アイドルとして生きることよりも、好きな絵を描きながら暮らしていきたいと思っていた大野くん。

あれから――国民的アイドルとしてのポジションに立つこととなり、あらゆる悲喜こもごもの濃密な経験を重ねた。自分の運命を受け入れ、この仕事に対して覚悟を身につけ、奈良美智や草間彌生などのアーティストと交流を重ねた。

だから、2冊目の作品集は、当然、成熟と変容を感じさせるものです。でも、根底にある子供のように無邪気で自由な感性や、シンプルな情熱は変わらない。洗練された作品なのに、一心不乱に描いたり、創っていたであろう痕跡も見えていて、たとえこれが大野くんが描いたものでなかったとしても、胸が打たれます。

裸の子供がおさむらいさんになっている『ちょんまげ』、煮詰まった時に突破口となった作品だという『怪物くん』も、そして、大野くんらしさが炸裂しているフィギアの『サイトウくん』シリーズは、特に好き。
でも、すべて素晴らしいし、オリジナル。

どれも精密な愛が感じられる、ユーモアとともに哀しみやアイロニーが宿っているという、大野くんならではの作家性が感じ取れました。

巻末の本人インタビューもメイキングの写真もよいのですが、もうひとつ、特筆すべきは、大野くん以外の嵐の4人の座談会と、4人がそれぞれ描いた大野くんの肖像画だと思います。

思い思いに心をこめて描いた絵が、それぞれの個性と愛と多面的な大野くんをあらわしていて、とても興味深く、微笑ましかった!

すみずみまで、何度でも眺めたくなる一冊です。

Ranking

もっと見る

もっと見る