芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

現実の結婚生活について考えてみる。

現実の結婚生活について考えてみる。_1

 冬川智子さんのコミックエッセイ『結婚してはみたものの』を読みました。

 なかば一目ぼれだった彼に猛アタックして、結婚してはみたものの……結婚生活の理想と現実は全く違ったという。

 冬川さん自身が、等身大で感じたことが自然体で描かれています。

 カッコつけが皆無なのはもちろん、その反対にある、被害者を装うような過剰な演出もありません。

 つまり、とてもリアルなのです。

 大好きな彼と結婚したらこういうコトって、絶対あるだろうなぁ……と思わせるエピソードや心理描写が続きます。


 新婚当初は、恋愛の延長で、健気に“理想の妻”を演じていた冬川さん。

 でも、まったく、当の夫は、まったく気付かず、サービス精神もなく。

 次第に、夫の失望して疲れていく冬川さんは、結婚に絶望して、離婚まで考えます。


 しかし、最終的には、夫の本音を知る気付きがあって、とりあえず、もう少し結婚生活をガンバろうと思うのです。

 とてもシンプルな答えですが、等身大だからこそ、ぐっときます。癒されます。
 
 今、結婚したい人、結婚したものの、惑っている人におすすめです。

Ranking