芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

“名前入りの包丁”に料理上手を誓う!

“名前入りの包丁”に料理上手を誓う!_1
先日、名前入りの包丁を作ってもらいました!

私の尊敬する女性であり、すてきな女性であるためのライフスタイルを提案、牽引し続けている――
PRプロデューサー 飯野晴子ママのおすすめです。


三星刃物さんの「和 -nagomi-」シリーズ!

長年、グローバルの包丁を使い続けてきたのですが、そろそろ変え時。

次の相棒をずっと探していたんですよね。

しかも、今度は、より切れ味がいいのはもちろん、スタイリッシュな包丁がいいなと思ってたので……これはベスト。

決して料理上手ではありませんが、美味しいものが大好きだから料理も大好きな私。

お気に入りの包丁に、名入りされたものが家に届いた時は、テンションア~ップ!!!

ますます料理が楽しくなりそうです。

さっそく冷蔵庫にある野菜を切ってみましたが、キャベツからにんじん、おくら、アボカドまで、どの形状やカタさの野菜も切りやすい。
お肉もするする切れる、切れ味なめらかで快感!

グリップは見目麗しいだけでなく、使っていても手になじんで良い感じです。

よしっ! お料理がんばろう、料理上手になろうっと。

キッチンに1人たたずみながら、名入り包丁に“料理上手になる”と誓いました。
“名前入りの包丁”に料理上手を誓う!_2
*写真は料理家の友だち直伝のカレー。煮込まずに、野菜を後のせするのがコツ。キレイだし、食べ応えアリ。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る