芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

読書は女を豊かに彩る――“小泉今日子さんの40代”

読書は女を豊かに彩る――“小泉今日子さんの40代”_1
敬愛する小泉今日子さんの書評集を読みました。

若き日から読書家として知られる小泉さん。

童話ミヒャエル・エンデの『モモ』や、吉本ばななさんの『キッチン』など。
彼女が世に紹介したことで、大ヒット、多くの人に影響を与えた本は数多あります。

本書は、昨年までの10年間、「読売新聞」の読書委員をつとめていた彼女が、その読書欄に発表した書評97本を収録しています。

小説を中心に、エッセイ、対談集、ノンフィクション、マンガまで、幅広い分野の本を選びとり、その本に秘められた本質やメッセージをふかく掬う目線と言葉は、とても愛情深くて魅力的です。

小泉さん自身が、あとがきにて「その本を読みたくなるような書評を目指して」と語っているとおり、どれも読みたくなるような書評です。

一方、書評でありながら、小泉さん自身の人生観や人柄がにじみ出ている“エッセイ”になっているのも、また興味深く。
来年50歳を迎える、小泉さんの40代、人生の変化や女性としての成熟が読みとれて、胸が静かに熱くなります。

読書にも本や人物にも、こんな風に愛を持って生きられたら……人生も年齢を重ねるのも豊かになっていくのか。
小泉さんのように素敵な大人の女性になれるのか。

読者の楽しみを味わえるとどうじに、大きなところで励まされる一冊です。


Ranking

もっと見る