芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

何となく食べていると、心も体も弱っていく?

何となく食べていると、心も体も弱っていく?_1

今年の目標は、体質改善ということもあり、最近読んでぐっときた本、面白かった本がこちらです。
このタイトルにドキっとしませんか? 

私はしました。

多忙な日々にもまれて生きていると、楽しみである食すらおざなりになっていく。

気がつけば、欲望と空腹を満たすためだけの行為になり、貴重な料理も、何だか“エサ”のようになってしまう。

食を考えて半世紀以上の小倉朋子さんが本書で教えてくれるのは、
テーブルマナー、ダイエット、手料理まで網羅した新しい食哲学です。

●私が自信を持てないのは、「五感」を使っていないからかもしれない

●私がコミュニケーション下手なのは美しく食べていないからかもしれない

●私が自分を大事にできないのはひとりごはんを雑に食べているからかもしれない

●私が毎日つまらないのは同じものばかり食べているからかもしれない

●私の体がだぶついているのは残念な食習慣に気付いていないからかもしれない

どうですか? 内容をお伝えする前に、目次を挙げただけでもドキドキします

もちろん、これらの問いを解消する方法も具体的でとても面白いです。

たとえば、「野菜をたっぷりとるのがふつう」を習慣にするためのアイディアとして、「買ってきたらすぐに洗って乾かして透明な袋に入れる方法」を伝授していたり。

イライラしている時ほど、手料理することがセラピーになることや、癒し料理の代表格「スープ」を簡単に作る方法などの教えてくれます。


すべてのメソッドに共通する大切な哲学は、命あったものを自分の都合で適当に食すのではなく、ありがたく大切に味わって我が身にすること。

読後、自分のことも大事にしたくなる一冊です。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る