芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

最近のJpop 〜星野源とゲスの極み乙女〜

最近のJpop 〜星野源とゲスの極み乙女〜_1
こんにちは! みなさんはいつ音楽を聴いていますか? それとも全然聴いていない?

私は、家事をしながら聴くこともあれば、ソファに転がってぼーっと聴くこともあるし、あるいは、ヘッドフォンをしてじっと集中して聴くこともあります。

仕事柄、いろんな音楽を聴きますし、どちらかというと海外の作品が多いけれど、J-popももちろん聞きます。なんだか、心地いいというかやっぱり耳馴染みがいいなと。

本日は、なかでも、最近、おすすめの2枚を紹介しますね。

まずは、こちら。
昨年は紅白初出場、今年も何かと話題のゲスの極み乙女ですが、新作は音楽としてユニークで楽しくて、何より、気持ちよかった。
ヒットシングル「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」「オトナチック」をはじめとする、全17曲入りです。

ゲスの極み乙女の音楽って、不思議な魅力があるんですよね。
サビがキャッチーだから、多くの人をつかむし、聴きやすいけれど。
よく聴くと、ユニークなメロディラインとかオリジナリティにあふれている音がいっぱい。すべての曲に共通する色とか匂いを感じて、そこに何だか胸キュンします。

歌詞も独特の言い回しですよね。

ロマンスがありあまーる♪

両成敗がとまらなーい♪

変だな……と思いつつも、つい、口ずさんでしまう。口ずさむと、なぜだか快感です。

もう一枚は、こちら。
名盤だった「Stranger」から2年7カ月。
前作から確実に己のスタイルを確立していたけれど、あれから、大病→完治→大ブレイクを経て、生まれた今作は、さらにパワーアップ!

ご本人いわく、「『ブラックな音楽』からスタートして『J-POP』を経由し、『イエローな音楽』へ着地した」のだそう。

まさに言い得て妙!

まさに、本場のブラックミュージック、ダンスミュージックを感じさせながらも、あらゆる国やジャンルの音楽を見融合しして、ポップかつオリジナルな作品になっています。


1曲目の「時よ」から何やらエネルギーが入ってくる、入ってくる。
大ヒット曲「SUN」も入っています。

1枚通して聴いた後は、無性にドキドキワクワクして、これから、何かが始まるような希望に満ちた感覚が得られます。


Ranking

もっと見る

もっと見る