芳麗

芳麗

NHK山形放送局のキャスター業を経て、ライターとして活動開始。デビュー雑誌がMORE! 以来、10年以上にわたってMOREで執筆。 ロングインタビュー、 女心をつかんだコラムに定評があり、書籍、雑誌、WEBなど数多くの媒体で連載・執筆する。著書『相手も自分も気持ち良く話せる秘訣』『Love リノベーション』(主婦の友社)など。
【公式HP】http://fafa-yoshirei.com/

【ごあいさつ】 MORE読者のみなさん、こんにちは! 芳麗です。 ここでは、恋に効きそうなカルチャーやライフスタイル。わたしが恋したこと、もの、人を紹介していきますね。よろしくお願いします。

いくえみ綾の描くダブル不倫。

いくえみ綾の描くダブル不倫。_1
こんにちは、芳麗です。

みなさんは、大人になってもマンガを読んでいますか?
わたしは読んでいます。

いろんなジャンルを読みますが、やっぱり少女マンガは永遠に好き。

大人になっても楽しめる。
大人になったからこそ、より響く。

今の日本には、そういう少女マンガも数多あります。

さて、本日、紹介したいのは、大人の女性たるモア読者に!
現在進行形でマンガ読む人にも読まない人にも、とってもオススメな作品を紹介しますね。

こちらです。
私が高校時代から第一線で活躍されていた、いくえみ綾先生。

大好きな作品は数多あるし、ずーっと先生の作品にトキメキ、揺さぶられてきましたが、それは、いくえみ先生がどんどん進化されているからなのだと思います。

少女心をときめかせるだけでなく、一方では、大人の女心や、現実の苦味も描いている。
この作品は、20代半ば以降の大人の女性にこそ、読んでもらいたい作品です。
ちなみに、いまだ連載中で完結はしておらず、現在はコミックス3巻まで出てます。

主人公の美津は、医療事務として働くアラサー女性。
かつて、占い師に、「2番目に好きな人と結婚するといい」と言われた通り、向こうから好きになってくれた、地味で穏やかで小熊のような容姿のいかにも結婚向きな涼太と結婚。
凡庸ながらも、幸せな日々を過ごしていました。

しかし、ある日、初恋であり初体験の相手だった有島光軌(いかにもモテそうなルックス&キャラクター)と再会した美津は、自分が既婚であることを隠して、その日のうちにさくっと体の関係を持ちます。

しかし、何度目かの逢瀬の時に、有島のほうから、自分は既婚者であることや、奥さんが妊娠していることを知らされ、別れを告げられます。

しかし、美津は、恋焦がれ憧れた“人生でいちばん好きな男”を手放したくないゆえに、「実は私も既婚者だから、だいじょうぶ。安心してダブル不倫を楽しもう」という悪魔の提案をもちかけるのです。

まさに、美津の中にある、恋する少女心と大人の女の欲望や打算の両方が引き寄せたダブル不倫です。

互いに、家庭を壊さないようにW不倫を続けていたものの、美都の夫・涼太は美都を疑ってケータイを盗み見して不貞を知り、一方、有島の妻・麗華も徐々に何かを感じ取っていきます。

美津のズルさやワガママさにも、同じ女性として嫌悪感を抱きますが、同時に共感もいくばくかの覚えてしまう。
美津の不倫を知った時の、夫・涼太の対応がさらに怖い怖い! もはやホラーです。

いつまでも消えない恋する少女心と、大人の現実を生きねばならない苦味の両方を思い出させてくれる。
恋のドキドキと苦味のドキドキとホラーのドキドキと……いろんなドキドキを楽しめる作品です。

*次回は2/13(土) 22:30 更新予定です。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る