DAILY MORE

DAILY MORE

徳島女子の夜景デートは「ロープウェイで♪」が常識!? 【ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ】

全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!

グルメも健康も欲張れる、アクティブなスポットが満載♡ 「徳島県 徳島市」の女子会に潜入♡

■徳島県DATA
●県庁所在地:徳島市 
●人口:74.2万人 
●ご当地グルメ:徳島ラーメン、鯛めし 
●出身有名人:アンジェラ・アキ、チャットモンチー、米津玄師 
●ヘビロテ方言:ほなけん(だから)、なんしょん?(何してるの?)

【おすすめ女子会SPOT】『バースブック珈琲』

徳島の書店『附つきや家』から生まれた、リゾートのようなカフェ。店内にはセレクトされた本がずらり。吉野川の景色を眺めながら朝食やランチを楽しめる。◆徳島県徳島市住吉4 の13の7  ☎088・612・8031 9 :00~18:00 不定休

今回 『バースブック珈琲』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡

(右)太居沙也佳さん(27歳・金融)、(左)吉見友希さん(26歳・教育関連)

地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「徳島OLあるある」

【1】“阿波おどり”で腕の筋肉が発達

「県民は小学校で“阿波おどり”を習得。独特の腕の動きで筋肉が鍛えられます! “連”という阿波おどりの踊り子グループが多数あり、働きながら所属する人もたくさん」(太居さん)

【2】テキパキ動く“働き者”が多い!

「“徳島県民は働き者”と他県の人に言われます! 共働きの家庭が主流で、たくましい女性が多いのかな? 逆に“オレについてこい”的な強めの男性が少ない(笑)」(吉見さん)

【3】愛車の内装をとことん充実させがち

「電車が少ないので、通勤は車が基本。朝の出勤時間を充実させるため、愛車はドリンクホルダーやスピーカーなど内装のオプションにこだわる女子が多いです!」(吉見さん)

【徳島OLイチ押し!】よく行くSPOT!

1/3

2/3

3/3

【ACTIVITY】週末に人気の気持ちのいい遊歩道 『しんまちボードウォーク』
『とくしまマルシェ』や『トモニSunSunマーケット』など市民に人気の週末市の開催地。「写真映えスポットとしても人気です!」(太居さん)。◆徳島県徳島市東船場町1 丁目~ 2 丁目 ☎088・621・5295(徳島市都市整備部公園緑地課)

【DATE】徳島のシンボル“眉山”から絶景を一望! 『眉山ロープウェイ』
「徳島駅からすぐの『阿波おどり会館』から出発し、山頂からの景色を楽しめます! デートなら夜景がおすすめ」(吉見さん)。◆徳島県徳島市新町橋2 の20 ☎088・652・3617(阿波おどり会館5F) ■http://www.awaodori-kaikan.jp/ropeway/

【DATE】広大な自然に囲まれた“やさしい”カフェ! 『カフェ・ポールスター』
「徳島県の小さな町・上勝町にある人気のカフェ。地元のとれたて野菜にこだわったメニューを求めて、県外から訪れるファンも!」(太居さん)。◆徳島県勝浦郡上勝町大字福原字平間32の1  ☎0885・46・0338 ■http://cafepolestar.com/

ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!

雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪

電子版も発売中! ご購入はこちらから>>



MORE2018年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  取材・文/杉浦麻子 撮影/永躰侑里

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック