5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)

オフィスでも外出先でもほめられる、ネイビーが今いちばん素敵!

薄着の季節のお仕事コーデは、いつも以上に“上品さ”が重要です。そこで頼りになるのがネイビー。「定番色だけど、黒よりも優しげに映り、グレイよりも華やかなカラー。上品さはもちろん、親近感もおしゃれ感も兼ね備えている魅力の色なんです。」とスタイリスト大平さん。

「これまではトラッドやベーシックな着こなしのネイビーが主流でしたが、この春は今までよりも“女っぽい”ネイビーが素敵です。透け感のある素材やタイトなシルエットのアイテムたちが充実していて、お仕事にもちょうどいい女らしさが演出可能ですよ。」

スタイリスト大平さんが新しいネイビーアイテムで提案する、新しいネイビーの配色バランスとは!? そのベスト3、最後にご紹介するのは「ネイビー×ブルー」。清潔感があり、どんな仕事の日でも自信が持てる配色&見た目の涼しさもこれからの時期に最適です!

《端正なシャツとバッグ、ブルーを2点投入で清楚に》

5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_1
「トーンの違うブルーをダブル使いするテクニック、ぜひ試してみてください。ネイビーになじみながらもメリハリがついて、おしゃれ上級者な雰囲気が簡単に演出できます。お仕事コーデに欠かせない清楚なシャツはサックスブルー、かっちりバッグはロイヤルブルーをチョイス。足元はヌーディなパンプスにして女っぽさと同時に配色を引き立てる工夫を。」(スタイリスト大平さん)

カーディガン¥16000/ティアラ シャツ¥16000/ミミ&ロジャー スカート¥2990/ユニクロ 靴¥18000/オデット エ オディー ル 横浜店 バッグ¥16000/ソアリーク ルミネ新宿店(ダニエルニコル) ネックレス¥9800/ルーニィ
5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_2
端正なシャツはハンサムになりがちだから、衿もとに輝くビジューをまとって華やかに。
5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_3
ヌーディカラーのパンプスを履けば、女性らしい抜け感を足もとで取り入れることが可能♡

《ブルーの小物を上下にさせば、スタイルアップも簡単♪》

5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_4
「洋服はネイビーのワントーン、衿元と足元にブルーの小物をさすのもおすすめのテクニックです。淡いブルーのストールをふんわり巻きつけると、ネイビーでつなげたスラリとしたIラインがよりいっそう際立ちます。ブルーのサンダルも厚底デザインなのでさり気なくスタイルアップできますよ。」(スタイリスト大平さん)

ニット¥9800/ドロシーズ パンツ¥16000/ルーニィ 靴¥18000/オゥ バニスター 池袋西武店 バッグ¥16667/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ポップコーン) ストール¥2300/ROPÉ PICNIC ブレスレット¥18000/アングローバルショップ 表参道 バングル¥14000/アダム エ ロペ ピアス¥3900/ロアフィリー 銀座本店
5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_5
淡色×ボリュームのコンビは、顔まわりを愛らしくしてくれるだけじゃなくて小顔効果も発揮♡

5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(3)_6
歩きやすいウェッジサンダル。足首をしっかり見せて美脚っぷりを強調して。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る