”理想の自分”になれる服って?セルフプロデュースの達人スタイリスト高野さんの私服をチェック☆

印象も気持ちも変えられるファッションの力を信じて!

誰にでも、「理想」ってあるよね? でも自分を変えるのはそう簡単じゃない……そんな時、ファッションで見た目から理想に近づけたら素敵じゃない?

服で自分の印象を変えるのが上手とウワサのスタイリスト高野麻子さんに、セルフプロデュースのコツを聞いてきました!



「人の第一印象ってやっぱり見た目が大きい。自分の性格や考え方は、すぐには変えられないけど、ファッションで“それっぽく”見せることはすぐにできるので、挑戦しなきゃ損です! 私も“今日はどんな自分になろう?”と考えながらその日のコーデを決めています。“なりたい私”を想像しながら、そのイメージに合わせた服や小物を身につけていれば、次第に理想の自分に近づいていきますよ!」from 高野さん

今回は、一枚のシャツを着まわして、シチュエーションに応じた様々な印象にチェンジ。さあ、「なりたい私」になっちゃおう♪

合コンでは・・・・・・親しみやすくいい人そうに見せたい

■コーデPOINT■
・衿もとには抜けを!鎖骨をチラ見せ♡
・男子受けには太すぎず細すぎずなストレートデニム
・ほどよくセンスをアピールする小物使い
「男子は難しいおしゃれよりもすっきりと清潔感のある服が好き。『TICCA』のストライプシャツは爽やかで好感度抜群。“高い女”に見せないためには、ブランドに頼らず気の利いた小物使いでおしゃれを格上げ」

仕事の打ち合わせでは・・・・・・信頼できるしっかりとした人に見せたい

■コーデPOINT■
・さりげないレイヤードでおしゃれ度UP!
・ほめられる旬のブランドバッグ
・きれいめパンツできちんと感を
「より落ち着いた大人に見えるので、仕事の時のボトムはパンツが断然多いです。きちんと見せるなら、シルエットのきれいなものを選びます。『グッチ』のミニバッグは、必ず可愛いとほめられるアイテム」

同窓会では・・・・・・大人っぽくスタイリストらしく見せたい

■コーデPOINT■
・一歩先行く旬の小物でトレンド感を
・スカートも素材にこだわるのが上級者の証☆
・らくちんフラットもデザイン性で勝負!
「シャツの上にサッシュベルトをONした、今年らしい着こなしで差をつけます。『ラルフ ローレン』のヴィンテージスカートは、上質なウール地。素材でも、おしゃれへのこだわりをアピールできちゃいます!」
MORE2017年3月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
magazinebannerimage

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!