結婚にまつわるトリビアつき。『銀座ダイヤモンドシライシ』で彼と見つける“私たちらしい”ウェディングリング

結婚を視野にいれているふたりも、結婚を考えるのはまだこれからというふたりも。ウェディングリングにまつわるあれこれ、知っておいて損はないはず。
プロポーズの瞬間に寄り添ったり、結婚後の毎日に自信を与えてくれたり。ふたりの生涯を照らし続ける一生ものだからこそ、こだわりを込めた納得いくものをぜひ。
ブライダルジュエリーの専門店『銀座ダイヤモンドシライシ』なら、自分も彼も納得のいくデザインにきっと出会えるはず。彼や友達と共有したら盛り上がりそうな結婚トリビアもお届け❤

つないだふたりの手がモチーフ。“絆”を大切にするふたりにぴったりの『Ever After(エバー アフター)』

「いつまでも幸せに暮らしました」という童話の結び言葉を意味する『エバー アフター』。つないだふたりの手がモチーフのユニークなソリテールは、豊富なデザインの中でもロングセラーを誇っています。結婚がゴールではなく、結婚がはじまりだからこそ。忙しい毎日の中で、手をつないだ相手への感謝を忘れずにいられるこのリングが愛おしい。紡がれていくふたりだけの物語に、温かく寄り添って……❤
『エバー アフター』エンゲージリング[プラチナ950×ダイヤモンド0.18カラット~]¥200000~/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ)トップス/スタイリスト私物

ダイヤモンドを支えるのは、手をつなぐふたり。毎日つけたい、絆を感じるデザイン

『エバー アフター』

(上)ダイヤモンドをセッティングする高さを抑え、引っかかりが気にならない設計。2人で支えあっていく姿をリングで表現。エンゲージリング[プラチナ950×ダイヤモンド0.18カラット~]¥200000~
(中)マリッジもふたりが手を取り合っているデザイン。レディースはメレダイヤが可憐にきらめいて。マリッジリング[プラチナ950×ダイヤモンド]¥95000
(下)レディースとおそろいのデザイン。メンズリング[プラチナ950]¥103000/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ)
【結婚トリビア その1】“エンゲージリング”が結婚後の幸せ度を決める!?

ブライダル総研(※1)が20代から60代の男女に実施した「夫婦関係調査2011」。その中に、エンゲージリングに関するちょっと興味深い結果が出ています。結婚後離婚をしていない男女のうちの66.7%が、結婚に際してエンゲージリングを購入していました。いっぽう、結婚後離婚をした男女のうちで、同様にエンゲージリングを購入していた人は48.5%と、18.2%も下回っていました。もしかすると、“決意”や“愛の証”をエンゲージリングという形にすることが、結婚後のふたりを励ます支えのひとつなのかもしれません。楽しいことばかりではない毎日の中で、エンゲージリングの輝きにパワーをもらう、そんな場面もきっとあるはず。
※1:リクルートが運営する結婚に関する調査・研究を行う機関

彼から贈られる花束がモチーフ。“語り合う”ことを重ねていきたいふたりに。『Bouquet Rococo(ブーケ ロココ)』

忙しい中でもなるべく時間を合わせて一緒に食事をし、たわいもない笑い話から未来予想図まで語り合う。そんな、パートナーでもあり親友でもあるようなふたりにおすすめしたいのは、人気デザインの『ブーケ ロココ』。センターダイヤの両サイドに2つのメレダイヤを添え、華やかな花束を表現。ふたりの気持ちを永遠に結びつけるという願いも込められています。このリングと一緒なら、ほころんだ花々のように笑顔でいられそう。
『ブーケ ロココ』エンゲージリング [プラチナ950×ダイヤモンド0.18カラット~]¥230000~/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ) トップス/スタイリスト私物

永遠に咲き誇るダイヤモンドの“ブーケ”に、いつまでも色あせない彼の愛情を感じて

『ブーケ ロココ』

(上)三石の配置に角度をつけて、彩りと笑顔をもたらす花を束ねたブーケのように。ツメの幅を細く削り、厚みを残すことで、繊細でありながら強度はしっかり保ち、ダイヤモンドのみずみずしい輝きを最大値まで引き出して。エンゲージリング[プラチナ950×ダイヤモンド0.18カラット~]¥230000~
(下)ブーケのリボンのようなダイヤモンドの連なりは、“永遠の結びつき”の象徴。マリッジリング[プラチナ950×ダイヤモンド]¥116000/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ)
【結婚トリビア その2】“美しく輝く”上質なダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの輝き方には、「白い光」「虹色の輝き」「キラキラとしたきらめき」があり、その3つが均一のバランスで強く輝くことが大切。近年、それらの輝きを可視化し数値化できる“サリネ・ライト”という測定システムが開発されました。それにより、従来の“4C品質評価”(CARAT=重さ、COLOR=色、CLARITY=透明度、CUT=カット)よりも一歩進んだ、輝きに特化したダイヤモンド選びが可能に! 『銀座ダイヤモンドシライシ』が仕入れているダイヤモンドの多くは、この測定による最高評価「ウルティメイト」認定のもの。購入した人は評価の証明書などをもらうことができます。

満天の星空にひときわきらめく流れ星がモチーフ。ふたりでひとつの“夢”を叶えるための新作『Starry(スターリー)』

結婚後もお互いに仕事は続けたい。時に励ましあい、時にグチも聞いてもらう。熱意あふれるふたりなら、お守りのような『Starry』がおすすめ。エンゲージリングは、メレダイヤのグラデーションが星空を、センターダイヤが星々のなかでもいちばん強い輝きを放つ情景を表現しています。また、マリッジリングにもメレダイヤがあしらわれ、エンゲージとマリッジがぴったりと重なるデザイン。毎日リングを目にするたびに情熱を新しくする。そんなふたりも素敵。
『スターリー』(上)エンゲージリング[プラチナ×ダイヤモンド0.18カラット~]¥250000~、(下)マリッジリング[プラチナ950×ダイヤモンド]¥115000/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ)ドレス/スタイリスト私物

連なる星のようにまばゆいダイヤモンドが、ふたりの夢を見守る

『スターリー』

(上)S字状のウェーブを描くフォルムがエレガント。どの角度から見ても、センターダイヤとメレダイヤの輝きを楽しめるようにセッティング。エンゲージリング[プラチナ950×ダイヤモンド0.18カラット~]¥250000~
(中)“幸せな未来に続く道”をイメージした、ダイヤモンドの連なり。エンゲージリングと美しく重なり合い、やさしい着け心地にもこだわった仕上げ。マリッジリング[プラチナ950×ダイヤモンド]¥115000
(下)レディースとおそろいのフォルムを、シャープにアレンジ。メンズリング[プラチナ950]¥116000/銀座ダイヤモンドシライシ 銀座本店(銀座ダイヤモンドシライシ)
【結婚トリビア その3】“エンゲージリングのオーダーは“逆算”が命!

エンゲージリングは“オーダー”が基本。思い入れを詰め込んだ一本を作りたいなら、セミオーダーで約1か月、フルオーダーなら約3か月が最低でも必要になります。だから、逆算して準備を始めることがとても大事。たとえば、『銀座ダイヤモンドシライシ』のセミオーダーは、①ダイヤモンド選び、②デザイン決定、③オプションの選択、という流れ。その際、コンシェルジュにきちんと予算を伝えることも、“自分たちらしい”リング作りにとって大切なことなんです。

Ranking

もっと見る

Movie

MORE11月号、発売中!