『エルメス』のシネマの世界へ。『国立新美術館』で参加型展覧会「彼女と。」を開催

7/11(水)〜7/30(月)の期間、『エルメス』は『国立新美術館』とともに展覧会『彼女と。』を開催します。

最近、ファッションブランドとアートとが深いかかわりを見せる機会が増えているのは、どちらのファンにとってもうれしいこと。『エルメス』も銀座メゾンエルメスにミニシアターがあったりと、メゾンに行くのはお買い物だけが目的ではなく、カルチャーを楽しみ刺激を受けることもできるのだと、早くから教えてくれた存在です。
今回の展覧会では、『エルメス』のウィットに富んだ世界がシネマ的アプローチで表現されています♡
ARTISTIC DIRECTION: LAURE FLAMMARION | PHOTOS: ISAAC MARLEY MORGAN
『国立新美術館』の展覧会場が、広大な映画スタジオに変貌。この場所で、来場者はひとりの女性像に想いをはせることになります。『エルメス』レディス部門のアーティスティック・ディレクターであるバリ・バレと、レディスプレタポルテのデザインを手がけるナデージュ・ヴァンへ=シビュルスキーが思い描く、自由で絶対的で、ミステリアスで力強い女性。その女性こそが、タイトルにもなっている「彼女」なのです。

物語は、ひとりの「作家」がスクリーンで観た「彼女」に魅了されるところから始まります。彼女の存在に近づこうとするけれど、一向に姿が見えない。果たして彼女は存在するのか? 展覧会を巡る中で、来場者は彼女への手がかりを「作家」とともに探していきます。
この展覧会は、「彼女」が出演する映画の「エキストラ」か、「彼女」を追い求める「アクター(作家)」のどちらとして参加するかを選ぶことができるのも面白いポイント。
予約はすでに受付中。この夏は六本木で『エルメス』のシネマ体験を!

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE8月号、お見逃しなく!