おしゃれプロの「買ってよかった服」。MORE編集部の偏愛服は?

たくさんのお洋服があふれる中で、今、本当に使える服って何だろう? モデル、スタイリスト、プレス……おしゃれで目利きな人にだけ聞きました。最終回はMOREモデルズやスタイリストさんたちの愛してやまない冬服をご紹介! 

セシルの愛するフレンチベーシックは?

おしゃれプロの「買ってよかった服」。MORE編集部の偏愛服は?_1
セシルの買ってよかった服は『A.P.C.』のGジャン。「トレンド感のある服も好きだけど、この冬はずっと愛される名作の魅力に開眼! このGジャンのほか、『セント ジェームス』のカットソーも買って気に入っています。どちらもベーシックなアイテムだけど素材や形がよくて、着ると“違い”を感じます」。黒ニットとグレーのパンツ、冬色コーデに抜け感を出すライトブルーが素敵。

ニット¥5600/スナイデル パンツ¥26000/フローレント バッグ¥14000/ル タロン表参道店(ケイト コール) イヤリング¥3200・ブレスレット¥4400/フィービィー ルミネエスト新宿店 Gジャン/本人私物

おしゃれな人ほどバッグは“極小派”!

おしゃれプロの「買ってよかった服」。MORE編集部の偏愛服は?_2
おしゃれプロの間で注目を集めているミニポシェット。スタイリスト石田綾さんは『フェンディ』の「ピーカブー ミニ」(写真右)を愛用中。「このバッグは携帯電話くらいしか入らない。でもその小さいサイズがたまらなく可愛いんです!」。またライター道端舞子さんは『フルラ』の「メトロポリス」をゲット。「ネックレスでもブレスでもなく、きれい色の『FURLA』のバッグをアクセサリー感覚でさすのがマイブームです」。感度の高い人はみんな極小バッグに夢中!

バッグ/すべて本人私物

プロがリピート買いする名作ニット!

おしゃれプロの「買ってよかった服」。MORE編集部の偏愛服は?_3
スタイリストや編集部スタッフの間でカブリ率の高いニットブランド、スタイリスト吉村友希さんのお気に入りは『アンデルセン-アンデルセン』(写真右2点)。「デンマーク発のニットブランド。型くずれしにくく5 年着られる逸品!」。暖かさの評判も高く、タートルやクルー、タイプ違うで購入する人も多数! 副編集長Kがリピート買いしているのは『ジョンスメドレー』(写真左2点)。「着心地もルックスもずっと愛せる上質さ!」、上品なハイゲージニットは、オンオフ使えるのもうれしい。

(写真右2点)ニット各¥42000/メイデン・カンパニー(アンデルセンーアンデルセン) (写真左2 点)ニット各¥30000/リーミルズエージェンシー(ジョン スメドレー)

Ranking

もっと見る

もっと見る