春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法

さわやかで新しい空気に後押しされて、おしゃれもステップアップしたくなる春。知りたいのは、“可愛い”を“大人っぽい”に昇華させる7つのセオリー。明るい色や華やかなプリントにあふれた『mysty woman』の最新作とともに――。

DAY 1 きれい色ワンピースにはほんの少しスポーティなマインドを。

透け感のあるブルゾンやメッシュバッグで。こんな遊び心あるハズしが、実は“大人っぽい”への近道
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_1
大人っぽさって、つまりは着こなし力。たとえばパープルのティアードワンピース。発色のきれいさとふんわり感が印象的だから一枚でも素敵だけど、この春はシアーでスポーティなブルゾンをはおってみる。するとほら、こなれ感が増して“おしゃれ上手な人”になれた。レディには何気ないひと手間が必要とわかった1日目。

●ワンピース¥6900・ブルゾン¥5900・靴( 5 月発売予定)¥5900・バッグ¥3900/ミスティウーマン

DAY 2 “ 甘い白”から“クリーンな白”に変えてみる。

ブラウスよりフーディ、フレアよりタイト。カジュアルコーデも今までのちょっと先へ!
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_2
白を大人っぽく着たい時は、やわらかいものよりすっきりクリーンなものを選べば簡単。フーディとタイトスカートに少しの黒をきかせればまさに今の気分。大好きな色こそアップデートが大切と実感した2日目。

●トップス¥3900・スカート¥5900・バッグ(5月発売予定)¥4900・靴¥6900・ピアス¥1900/ミスティウーマン

DAY 3 シャツこそ“ 女っぽい”目線で選ぶ。

ありそうでなかったVネックのシャツが新鮮。きちんと感や上品さにも“抜け感”があるのが大人
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_3
3日目はお仕事コーデのレディ化を。選んだのは前後のVあきのネックラインでデコルテや背中に女性らしさを薫らせた、ブルー×白のストライプシャツ。ダブルのジャケットを着ても抜け感が出て、好感度も急上昇!

●シャツ¥4900・パンツ¥4900・手に持ったジャケット¥7900/ミスティウーマン バッグ/スタイリスト私物

DAY 4 花柄は、盛らずに潔く着る。

ごちゃごちゃと飾り立ててしまっては台なし。甘さをほんのり際立たせるための“引き算”を
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_4
ダークグリーンやくすみピンクで描くシックな小花柄。ウエストで切り替えたクラシカルなシルエット。“大人の可愛げ”の絶妙なバランスを一枚で備えたワンピースが、シンプルに着ることの魅力を教えてくれた4日目。

●ワンピース¥5900・ジャケット¥4900・靴¥5900/ミスティウーマン バッグ/スタイリスト私物

DAY 5 フレアスカートに“ 長いもの”を重ねる。

“体をきれいに見せる”のはレディのたしなみだからロング&リーンなシルエットをつくった人の勝ち
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_5
鮮やかなエメラルドグリーンのフレアスカートを主役にした5日目は、“縁取る”ように黒のロングカーデを重ねてすっきり美しいIラインをアピール。体がきれいに見えることも大人っぽさの演出には欠かせないから。

●スカート¥5900・カーディガン¥5900・Tシャツ¥2700・靴¥6900・スカーフ¥2500/ミスティウーマン バッグ/スタイリスト私物

DAY 6 一枚で着るブラウスは“ 背中で魅せる”。

女性らしい背中見せとメンズライクなアースカラー。おしゃれなギャップから生まれる“大人の余裕”
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_6
不意に後ろを向いた時にドキッとさせる。“背中で語る”ブラウスが新しいフェミニンさを運ぶ。あざとくならず上品にまとめるため、やや辛口なブラウン×カーキの配色で。最高の“レディな肌見せ”に出合えた6日目。

●ブラウス(前後着用可)¥5900・パンツ¥5900・ピアス¥1900/ミスティウーマン バッグ/スタイリスト私物

DAY 7 プリーツスカートをパイソン柄に新調する。 

辛口なパイソン柄を甘いスカートで取り入れる。大人っぽさも今っぽさも、理想どおりのバランス!
春だから“ 大人っぽい” に憧れる。『mysty woman』と考える、佐藤栞里が7日間でレディになる方法_7
モードなパイソン柄が優しげに、プリーツスカートが甘さ控えめに映る、まさに“いいとこ取り”なスカート。いつもどおりのリブニットを合わせただけなのにぐっと洗練された気分。おしゃれに自信が持てた最終日♡

●スカート¥6900・ニット¥3900・靴¥5900・バッグ¥3900/ミスティウーマン
●問い合わせ先/アダストリア カスタマーサービス ■0120・601・162

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る