『エルメス』の歴史を描いた漫画『エルメスの道』の新版が発売決定!

1997年に出版された漫画『エルメスの道』が進化して帰ってきた!

24年前に出版された漫画『エルメスの道』は、1997年当時『エルメス』160年余りの歴史を詳細に物語る漫画として反響を呼んだ作品。今回、漫画家の竹宮惠子氏が旧版の物語に続く直近約20年のエルメスの歴史を描きおろし(新たに63ページ分!)一冊にまとめたものなのです。そんな新版『エルメスの道』(竹宮惠子著・中央公論新社刊)は、本日3/10(水)より発売開始!
新版『エルメスの道』
ⓒ2021 Hermès Japon co., ltd.
新版『エルメスの道』竹宮惠子著/中央公論新社 ¥1600
♯エルメスの道
♯HermesManga
そもそもこの漫画が描かれるきっかけになったのは、日本文化に感銘を受けていた当時の社長ジャン=ルイ・デュマ氏。日本の漫画に注目し「このユニークなメディアで、エルメスの歴史や価値観を伝えたい」と発案したことで実現したのだそう。

今回の新版で追加されたエピソードはこの3つ。
●2001年に完成した「銀座メゾン」をめぐる物語
●2010年より始まったエルメス主催の国際馬術連盟認定CSI5*レベルの障害飛越 競技大会「ソー・エルメス」について
●ポップなチャームが特に人気!「petit h(プティ アッシュ)」の誕生秘話

どのエピソードも、関係者への入念な取材と膨大な資料をもとに作られたもの。さらに作者の竹宮惠子さん自身、アシスタントなしで一人ですべて作るという前例のないチャレンジを実施! 制作側の心意気もつまった作品なのです。さまざまな困難を工夫とアイデアで乗り越えていくヒューマンドラマは、読んでいてグッと引き込まれること間違いなし。竹宮作品やエルメスファンはもちろん、ファッションやドキュメンタリー好きの心にも刺さるはず♪
エルメスの特設サイトで新版『エルメスの道』のオンライン配信もスタート! 特設サイトだけの人物紹介やイントロムービーもあるので、漫画本と合わせて楽しんでみて♡

Ranking