フォトフレームが30分、900円で! 彼との距離もぐっと縮まる!? 簡単&可愛すぎる【ウェディングDIY】にトライ♡

Daily MOREの【6月の月間特集】「最高で"最幸"の結婚がしたいっ!」、ついに今回が最終回です。最後を飾るのは、ライターみかりんの夢を叶える……もとい、結婚を夢見るモアガールのみなさんに捧げる【ウェディングDIYやってみた】企画! もちろん、ひとりじゃありませんよ〜♡

トレンドの【ウェディングDIY】に挑戦したい!

結婚式を挙げた友達のインスタグラムやFacebookを見ていると、「ウェルカムボードは手作りしました❤︎」「リングピロー作るの大変だった〜」などの投稿多数。どうやらウェディング業界でもDIYが流行っているらしい。私もやってみたい! でもひとりでやるのはツラすぎないか……? ということで、副編アニキに相談。

みかりん「アニキ、私ウェディングDIYやりたいです」

アニキ「いいじゃん、やってみなよ」

みかりん「でも、ウェディングDIYってひとりでやるものじゃないと思うんです! ていうか結婚の予定がない28歳の女子がひとりでDIYしてる記事って悲しすぎませんか!? "旦那さんが結婚式準備を手伝ってくれなくてケンカ"とかよく聞くし、だれかと一緒にやってその楽しさを伝えるべきです! ってことで、相手役にイケメン呼んでいいですか!?」

アニキ「(みかりん、イケメンに会いたいだけなんじゃ……)わかった、いいと思うメンズと一緒にやってみて」

やった〜〜〜!! ということで、今回一緒にウェディングDIYしてくれるのはこの方!
こだまたいちさん! モア世代ど真ん中・27歳の、元『メンズノンノ』専属モデル。俳優、ミュージシャンとしても活躍する、多才すぎるイケメンなのです!
こだま「今日はよろしくお願いします! 今さらなんですけど僕、工作って昔からすごく苦手で……この企画に参加して大丈夫ですかね……?」

みかりん「こちらこそよろしくお願いします! 大丈夫ですよ〜"苦手な人でもカンタンにできる"っていうことが大事なので、むしろバッチリです☆ ではさっそく、ウェディングDIYスタート!」

うさぎが可愛い♡ ウェルカムリースの作り方

まずは、式場でゲストが待機するスペースに置きたい、ウェルカムリースを作ります。材料はこちら!
==========================
①リース XL ブラウン ¥100
②アイアン リーススタンド バードケージ ¥300
③木彫りアニマル ウサギ 各¥500 ×2
④木製きりぬきアルファベット 各¥100 ×2
⑤アートフラワー ハナシノブ 各¥100 ×3・ピック紫陽花の実 各¥100 ×2
⑥チュール 180cm ¥100
※なくなり次第終了
==========================
トータルで¥2200! すべて『NATURAL KITCHEN』で揃います♬
1.リースにアルファベットをつける
まずは、リースに木製アルファベットをつけていきます。今回は100円ショップで購入したグルーガンを使用! ワードは「WELCOME」にしましたが、もちろん他のワードやふたりのイニシャルでもOKですよ♡

そして実は、ふたりともグルーガンを使うのは初めて。「あぁ、意外と乾くの早い!」、「グルーが糸引いてクモの巣みたいになってますよ!」、「乾く前に触ったら熱いから気をつけてっ!」と、けっこうてんやわんや(笑)。

★POINT★

まずはグルーをつけない状態で文字のバランスを見て、印などをつけておくとGOOD。グルーはアルファベットではなく、リースの方につけるとよりスムーズ&きれいにできます。
2.アートフラワーをつける
アートフラワーは茎がワイヤーになっているので、バランスを見ながらリースの隙間に差し込んで。一気に束で差し込むと安定しづらいので、2〜3本ずつがオススメ。

★POINT★

このあとリースの真ん中にウサギのオブジェをのせるので、そのスペースを確保しておくこと! アートフラワーが中央に寄りすぎているとウサギがのらないので注意です。
3.ウサギに飾りをつける
ウサギのオブジェの、男の子(右)にはアートフラワーの花びらを切って作ったリボンを、女の子(左)には腕にピックを巻きつけます。それぞれの個性が出る小物をプラスしても◎!
実は今回、ギタリストでもあるこだまさんがゲストに来てくれるということで、小さなおもちゃのギター(みかりん私物)を用意! ウサギの男の子に持たせてみたら、あらサイズもぴったり♡ 「こんなものがあるんですね! すごい可愛いし嬉しい! ありがとうございます!」(こだま)と喜んでもらえました。カップルで作るときも、ふたりの共通の趣味にまつわるものや思い出の品など、サプライズで用意しておくとより盛り上がりそう♬
4.リースをスタンドにのせる
スタンドにリースを立てかけたら、バランスを見ながらリースにウサギたちを乗せて……
5.リボンを結ぶ
仕上げにチュールリボンをてっぺんに結んで。リボン結びは、輪っかの部分をあまり大きくしすぎず、余った部分を長く垂らすと可愛く仕上がります。
\\完成〜〜〜!//
け、けっこう大変だった……と思いきや、所要時間は30分くらい。初めてにしてはかなりいい感じなのでは!? 「何度か焦る場面もありましたけど、可愛くできましたね」(みかりん)、「自分たちで作ったとは思えないクオリティですよ! まさかこんなに上手にできるとは!」(こだま)と、ふたりで自賛の嵐(笑)。この達成感と満足感、皆さんにも味わってほしい〜!

よし、この調子でもう1つ作っちゃいましょう☆
↓↓↓↓↓

夏ウェディングにオススメ!フォトフレームの作り方

続いて作るのは、貝がらやシーグラスなど海を感じるアイテムを使ったフォトフレーム。材料はこちら!
==========================
①木製インテリアフレーム2L判 ¥100
②木製インテリアフレームM 白 ¥100
③木製インテリアフレームM ナチュラル 各¥100 ×2
④シェルセットS ¥100
⑤ナチュラルヒトデ ¥100
⑥ミニヒトデ3Pセット ¥100
⑦シーグラス ¥100
⑧シーグラス ¥100
※なくなり次第終了
==========================
トータルでな、な、なんと900円! 1000円切っちゃいましたよ!! こちらもすべて『NATURAL KITCHEN』でGET♡
1.フレームを並べて接着する場所を決める
3種類、全4つのフレームを並べてみます。パズルのようにぴたっと収まるので、並べ方は色味を見ながらお好みで。
2.フレーム同士をグルーガンで接着する
フレームの側面をグルーガンで接着します。先ほどのリース作りでもうグルーガンをマスターしたつもりのふたり。「くっつけるだけだから、めちゃくちゃ簡単じゃないですか? 時間余っちゃうな〜」と余裕の笑顔を見せるも……
あれ!? 想像以上にグルーがくっつかない!! リースにつけたアルファベットに比べてグルーをつける面積が広くなった分、乾くのも早く、かなりのスピードでフレーム同士を接着しなければならないのです! さっきまでの余裕はどこへやら、「くっつけ〜!」とありったけの力&念をフレームに込める……(笑)。

★POINT★
4つをひとつずつ着けていくのは至難の技! ひとりが2つを接着し、それを後でひとつにするのが正解です。なるべくグルーを直線でつけられるように工夫してみて。
そしていちばんの難所がココ! それぞれがつけたフレームを、さらに接着します。グルーをつける面積は先ほどのほぼ2倍なので、ほぼ2倍のスピードが要求される大事な場面。「では、いきます!」「お願いします!」の掛け声とともに、素早くグルーを塗り……
またもや力&念を込めてくっつける!! この写真、こだまさんもみかりんも笑顔ですが、実はくっつける→とれるを2回繰り返した後のTAKE3。「今回こそは頼む!」とかなり必死です(笑)。

★POINT★
接着に失敗した場合、フレームに残ったグルーはなるべく剥がしましょう。あまり分厚く残っていると、完成した時に変な隙間が!
側面がくっついたら、裏側からもしっかり補強。見えない部分なので、グルーを惜しみなくたっぷりとつけちゃいましょう。

★POINT★
写真を入れる部分まで接着しないよう注意! フタやネジまでとめてしまうと、写真が入らなくなってしまいます。
3.パーツでデコレーション
あとは楽しいデコレーションの時間♬ ヒトデやシーグラス、貝がらなどを、バランスを見ながらグルーガンでつけていきます。フレームの境目につければ、さらに補強できますよ!
☆完成〜〜〜☆
グルーガンと格闘しつつも、こんなに可愛いフォトフレームが完成! こちらも所要時間は30分ほど(デコレーションにけっこう悩んだので、人によってはもっと短縮できそう)。「これ、想像以上に素敵じゃないですか? めちゃくちゃおしゃれ!」、「本当に想像以上です! 売り物にできるんじゃないかな?(笑)」と、またしても自賛しまくり。大変だったことも、完成品を見ると忘れてしまう……これがDIYマジック☆
改めて、完成したのがこちら。か、可愛い〜〜♡♡♡ カラーをブルーで統一しているので、2つ並ぶとより素敵! フォトフレームに思い出の写真が入ったら、きっと感動して泣いちゃいます(みかりんが)。ちなみにこの完成品撮影時、「せっかくだから、写真に写るようにシャボン玉吹きましょうか!?」とこだまさんから提案してくれました! イケメンなうえにこんなに優しいなんて……奇跡ですか……(感涙)。

ウェディングDIYをしてみた結果:みんなにやってほしい!

「え〜めんどくさいから買うよ」、「みかりんはイケメンと一緒にやったから楽しかったんでしょ」なんて感じる方もいると思います。でもウェディングDIYは、思い出を共有しているカップルでやったら絶対にもっと楽しい! ふたりのこれまでのことを話しながら、お互いの苦手な部分を補い合いながら、ひとつのものを作り上げる……まるで結婚生活の縮図のようじゃあありませんか(涙)。「工作が苦手」と話していたこだまさんも、最後には「難しい部分もあったけど、それ以上に楽しかった!」と言ってくれたし、不器用な男性も意外と楽しんでくれるみたいですよ❤︎ しかも1000円〜2000円で、そこまで時間もかけずにこのクオリティのものができるなら、買うよりもおトクだと思いませんか?

手間ひまかけて作る分、完成品を見たら喜びも愛着もひとしお……ですが、うまくいかないとケンカのもとになりかねないので、【安く・可愛く・簡単に!】が合言葉です!

オマケでもう1個! ウェルカムボードの作り方

1/2

2/2

今回は時間の関係で作れませんでしたが、ウェルカムボードのレシピもご紹介! 材料はこちら↓
====================
①木製スタンドボード ¥300
②アートフラワーミニ丸花 ¥100×2
③アートフラワーユーカリの実 ¥100×2
④ドライフラワー ユーカリ ¥300×2
⑤ピックチュールフラワー小花 ¥100×3
⑥アートフラワー ハナシノブ ¥100×3
⑦チュールリボン ¥100
※なくなり次第終了
====================
トータル2000円!
作り方もカンタン。

1.ドライフラワーとアートフラワーを、バランスを見ながら束ねる
2.チュールリボンを結ぶ
3.アートフラワーの茎の部分をボードの上に掛ける
4.アートフラワーを束ねてラウンド型のブーケを作る

以上! 使うアートフラワーによって、雰囲気もガラリと変えられそうですね♬
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
今回の材料&レシピ提案にご協力いただいたのは……
『NATURAL KITCHEN(ナチュラルキッチン)』
「あなたをお家好きにする雑貨屋さん」をコンセプトに、100円〜2000円のアイテムを展開。店舗でのワークショップなども行っているので、ぜひサイトをチェックしてみて☆
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

こだまたいちさんの撮影オフショット&プチインタビュー♡

撮影現場にギターを持ってきてくれたこだまさん。完成品を前に生演奏してくれました! せっかくなので、その結婚観に迫るプチインタビューをお届け♡

みかりん「こだまさんは27歳とモア世代ですが、結婚式に参列したことはありますか?」

こだま「実は、今週末に生まれて初めて参列するんです! 地元に親友がいて"こいつの結婚式だけは絶対に行こう"と昔から考えていたんですが、思いのほか早く結婚しましたね(笑)。友人代表としてスピーチもするんですよ。どんな名スピーチにしようか、今考え中です」

みかりん「なんてリアルタイム! 会場が感動の涙に包まれること間違いなしですね。ではご自身の結婚式願望は?」

こだま「絶対に結婚式をしたい! というわけではないですが、家族や友人に感謝を伝えるという意味では、挙げたほうがいいのかなと思います」

みかりん「たしかに、結婚式って周りの人のためという意味合いも大きいですよね。こだまさんはご自身で作詞・作曲をされていますが、"結婚"をテーマに歌を作ったことは?」

こだま「"結婚"だけをテーマにしたものはまだないですが、『台所』という曲は母のことや、家族になるかもしれない恋人のことを歌っていますね。あとは『しけもくブルース』という曲にも"結婚"というフレーズは出てきます。どちらも僕のファーストソロアルバム『ところでね、』に収録されているので、ぜひ聴いてみてください!」



こだま・たいち/1991年3月13日生まれ。2012年から5年半にわたり雑誌『メンズノンノ』専属モデルを務め、今年5月に卒業。実兄がボーカルのバンド『THE TOKYO(ザ トーキョー)』のギタリストでもあり、ソロフォークシンガーとしても活躍中。11月公開予定の映画『左様なら』(監督:石橋夕帆)、2019年公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』(監督:河合勇人/守屋健太郎)に出演が決定しているなど、俳優としての活動にも大注目!
撮影/齊藤 晴香

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE8月号、お見逃しなく!