約半年のトレーニングで、だーりおが変わった4つのこと!【#モアチャレ 内田理央の「キックボクシング」チャレンジ!】

運動が苦手だっただーりおが、キックボクシングで“しなやかなカラダを持つ強い女子になる”と宣言してから約半年。多忙な中、家ではストレッチや筋トレにいそしみ、合間をみてはジムにも通った。その変化をRENAさんに見てもらったよ♪

変化その1 キックとパンチの威力がアップした!

まずキックの変化。初回は、ただ足をミットに当てるだけで精いっぱいだったが、最終的には、蹴り足側の腕(写真では右腕)を後ろに引いて勢いをつけることで正しいキックの形になり、蹴り足もきちんとミットの中心に打ち込んでいた。しかも、打点の位置も高くなっている!!  表情の違いにも注目

1/2

2/2

パンチもかなり変わった!  初回は手首が下を向いて“ぐにゃん”としていたが、
最終的には、手首はまっすぐに、拳もきちんとミットをとらえていた。腰もひねりが入り、見た目もカッコいい!  「さらに威力を出すには、パンチのあとさっと引き戻すことが大事!」(RENAさん)

変化その2 柔軟性がかなり上がった!

1/2

2/2

体がやわらかくなったことも、とても大きな変化! 前屈では足のつま先を手の指でつかめるまでに。「キックボクシングを始めてから、寝る前に、ストレッチをすることが習慣になったんです。そのおかげかも♪」(理央)
これが初回。ここからの変化にはRENAさんも驚いていた!

変化その3 苦手だった左キックやフックも成長した!

1/4

2/4

3/4

4/4

利き足でない左足のキックは、難しい動作のひとつ......。初回はこんな感じでした。
まだ不格好だけれども、足は以前より高く上がり、まっすぐになってきた!
「右足をもう少し外側に開くと、腰が自然にまわり、足先が横から入るカッコいい形になりますよ」(RENAさん)
パンチの中で最も苦手だったのが、ジャブやストレートに比べて、なじみのない動きのフック。
ただ、二の腕や体幹の筋力がついてきたからか、ひじの位置が初回より高くキープし
たまま繰り出せるように!

変化その4 二の腕とお尻などカラダも引き締まった!

1/4

2/4

3/4

4/4

元からスリムなだーりおだから、体重に大きな変動はないものの、ボディラインには変化が!
たとえばウエストは、見た目ではくびれと腹筋がより際立つように。
ヒップは、サイズが1㎝アップし、さらにキュッと上がった美尻に♥ そして二の腕は1.5cmもダウン!
「全身がより引き締まって、目標にしている“しなやかなカラダを持つ強い女子”に近づいたよ」(理央)

理央×RENA対談 半年間のチャレンジを終えて

RENAさんにキックボクシングの基礎を教わってから約半年が経過。その成長ぶりを見てもらってのふたりの対談です!

RENA●初回はパンチもキックもヘニャっとしてたけど(笑)、軸がしっかりしてきましたね!

理央●ドラマの撮影などで『シーザージム渋谷』でのトレーニングは1カ月くらい行けない時期もあったんですけど、家でストレッチや、腹筋とスクワットをずっと続けてたんです。その成果かも。

RENA●カラダもやわらかくなってたね!! 柔軟性があると、可動域が広がるしケガをしにくくなるので、ぜひ続けてください。パンチやキックも力強くなってました! ただパンチを打ったあと腕はすぐ引くこと! そうすることで威力も増すし、ガードの姿勢に戻さないとカウンターでやられます(笑)。

理央●気をつけなきゃ! あとは左右のキックで、軸足をスイッチする時も少し戸惑います。

RENA●サンドバッグなどの練習でカラダに覚えさせましょう!

理央●サンドバッグは初めて打ったんですけど、意外に重くてビックリ。キックをしたらはね返されてヨロけました(笑)。距離感と強さがつかめてない時はかすった音だったけど、“バチン”といい音が出ると気持ちよかった!

RENA●サンドバッグに負けないパンチやキックを打てると、もっと体幹が鍛えられますよ。でも、体力もついてきてたね。前回は2分間のミット打ちだけでぐったりだったけど、今回はパンチとキック、それぞれ4分間ずつやったけど、楽しそうにできてた!

理央●キックの後半は足を上げるのがつらかったけど......。引き続き練習を頑張ります!

Ranking

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!