No.412 あみ

モアハピ部 No.412 あみ

北海道帯広市に在住する、任意のHokkaidoレコメンダー。 お仕事はヨガのインストラクターと塾講師。 ホットヨガを始めてから、6キロ減、運動が習慣化したことで太りにくい体になり、ずいぶんと健康になりました。体の内側に目を向けるようになったことで、オーガニックに目覚め、食事・お化粧品・家事を改革しています。まずは自宅からできることをコツコツと。 ヨガ・手ごねパン・写真・料理・食べること・スノーボード・ダイビング..人生は自分の力で十分豊かにできます。instagram:@ami_kaku twitter:@amiiiiiiiiii5

カジュアルスタイルの定番ボーダートップス。毎年買い足したくなるオーシバルの魅力(412あみ)

今月号のMOREの『いいカジュアル7つの正解』特集は


参考になるし、真似したくなるし、納得する。


カジュアルスタイルがやっぱり好きなんだけど


遊びやこなれ感がうまく出せないので


とっても参考になりました。


やっぱりプロのスタイリングって素敵♪


そして、色々と買い足してしまいそうで怖い。


というか早速買いに行ってしまった。(笑)


後日アップしますね。


さて、本題に戻して。



長く着れるボーダーのカットソーを買い足したくて


センスが良いなと感じている方がオススメしているのもあったので


『オーシバル』と『セントジェームス』のどちらかで買おうと


置いてある店舗を探しまくりました。


しかし、札幌に直営店がない(田舎だね)ので


セレクトショップに電話したり結構探してたところ


先日札幌駅直結のお店に『オーシバル』を取り扱う『Bshop』ができました。


グットタイミング!ということで


オープニングセールの日にしっかりと行って購入 笑
カジュアルスタイルの定番ボーダートップス。毎年買い足したくなるオーシバルの魅力(412あみ)_1
先日からラルフ・ラコステを紹介していますがもちろんプチプラも買いますよ。


ただ長く着たいと思うものは少し奮発して


丁寧に時間をかけて選ぶようにしてます。


年をとりましたね 笑


いろんなブランドさんのも素敵ですが、


オーシバルは1939年フランスでスタート。


1950〜60年代には海軍の制服に採用された老舗メーカーです。


制服に起用されるということは『丈夫』ということ。


毎日着てたくさん洗濯しても崩れない。


でも、月日と共に肌に馴染んでいきます。
カジュアルスタイルの定番ボーダートップス。毎年買い足したくなるオーシバルの魅力(412あみ)_2
シンプルで長く使える。


寄れない。


織り方が特殊で生地がしっかりしている分、


洗うたびに縮むのでそれも長く着る楽しみかなとご購入しました。


同時に縮む恐怖も兼ね備えているんだけど(笑)


春から着て洗濯していくうちに少しずつ肌なじみして


形が変わっていく楽しさ。


すごく丁寧に丁寧に洗濯します。


汚さないように出先ではミートソース系は避けるようにしてるし(笑)


毎年違う色も買い足したくなる。


そんな一枚になりました。
カジュアルスタイルの定番ボーダートップス。毎年買い足したくなるオーシバルの魅力(412あみ)_3
これはコットン素材なので縮まない。可愛くて可愛くて一緒に買いました。